沖縄観光情報:シーサー作りひと筋!湧田陶器の表情豊かなシーサー

シーサー作りひと筋! 湧田陶器の表情豊かなシーサー

post : 2020.01.29 15:00



昭和14年生まれのシーサー作家 湧田 弘(わくた ひろし)さんが手がけるシーサーは、どれも迫力があって生き生きとした表情が印象的。正統派から、逆立ちをした「逆立シーサー」をはじめとして、ジャンプをしている「飛びシーサー」、玉を抱えて立ち上がっている「二足立玉持シーサー」、小さなシーサーがくっ付いている「親子シーサー」などユニークなものまで、バラエティー豊かなシーサーを作陶されています。






こちらの親子シーサーは、親シーサーに子シーサーがじゃれているような“家族愛”が溢れていて、見ているとほのぼの心が温まります。




今年80歳を迎えた湧田さん。陶歴の始まりは、中学卒業後。アルバイト感覚で陶芸の道に足を踏み入れました。親戚も兄弟も陶芸に携わっていたため、この道に進むことは自然な流れだったそうです。親戚である島袋 常恵(しまぶくろ じょうけい)氏に師事し、昼間は島袋陶器所へ、夜は定時制高校へ通うという生活を続けました。




昭和48年に独立し、「湧田陶器」として窯を設立し、独立。最初は“得意先”がなかったため、作ったシーサーを卸すところがなくて大変な思いをすることも。陶器を扱うお土産屋さんに直談判したり、物産展など大都市を始め、県外で実演・出品するうちに、少しずつ取引先が増えていったそうです。「もう辞めたいと何度も思いましたが、そう思っているうちに今日まできてしまいました(笑)。粘り強くコツコツと続けてきて良かった」と湧田さんは話されます。




過去には「沖展賞」「現代沖縄陶芸展技能賞」「那覇市伝統工芸館まつり優秀賞」「沖縄タイムス芸術選賞大賞」など数えきれないほどの賞を受賞され、平成25年には天皇陛下から春の叙勲瑞宝単光章を受章しました。




毎年、沖縄タイムス社が主催する沖縄県内最大の総合美術展「沖展」に出品されている湧田さんは、沖展会員で審査員も務めています。シーサーに対するこだわりを尋ねると「シーサーは架空の動物と言われていますが、どことなくライオンに近いと思っています。ですから、勢いが感じられるような仕上がりになるよう心がけています」と湧田さん。




「これからもできる限り、自分のペースでシーサーを作り続けていきたいです。今は、次の沖展にどのシーサーを出品しようか考えているところなんです」と嬉しそうに話す湧田さんのウキウキ感が、こちらにも伝わってくるようでした。
 

【取り扱い店】

Dear Okinawa,
住所/沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港際内連結ターミナル 2階
営業時間/7:00~20:30
お問合せ/staff@dearokinawa.com
Web/ https://dearokinawa.com/


沖縄CLIPフォトライター 舘 幸子


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港際内連結ターミナル 2階