沖縄観光情報:メイドイン沖縄。無農薬栽培のおいしい「美ら花紅茶」

メイドイン沖縄。無農薬栽培のおいしい「美ら花紅茶」

post : 2020.03.05 20:00

「忙しいという字は、心を亡くすと書きますね。ですが、時間がない時でも心にゆとりを持つことは大事だと思っています。気持ちに余裕がある方が、マインドのスイッチを切り替えやすいですし、ストレスがたまりにくいと思うんです。忙しい日々の中で取り入れてほしいのが“紅茶時間”。茶葉を用意して、お湯を沸かして、お茶を淹れる時間は、実は心を落ち着かせることにも繋がると思うので」。


 
こう話すのは、「美ら花(ちゅらばな)紅茶」代表の上地 直美(うえち なおみ)さんと喜納 香織(きな かおり)さん。沖縄県本島北部の名護市にある茶園「金川(かにがわ)製茶」から生まれた茶葉で沖縄産紅茶を製造しています。


 
 
完全無農薬の茶葉は、自然の風味が豊かで、クリアな味わい。ティーベルト(紅茶の茶葉を育てることのできる地帯)の範囲に当てはまっていることや、天然のミネラルが豊富に含まれる土壌ということ、隣接する畑がないので農薬の飛来の影響がないなど、いくつかの良い条件が揃ったことで誕生した美ら花紅茶。収穫は年に3回。夏期の茶葉は渋みが強く出てしまうそうで、収穫はしないそうです。




金川製茶は国産紅茶グランプリ2019年のプロダクト部門・チャレンジ部門でグランプリを受賞(プロダクト部門は2年連続、チャレンジ部門は3年連続の受賞)。苦味や渋みが少ないこと、香り・風味がしっかりと感じられること、すっきり飲みやすいことなどが受賞理由だそうです。


 

 
美ら花紅茶は「クラシックティー」「ハイビスカスブレンドティー」「月桃ブレンドティー」の3種類。


 

 
クラシックティーはクッキーやケーキにはもちろん、どんな食事とも相性抜群です。上地さん曰く「例えば、おにぎりや天ぷらなどにも合います」とのこと。実際に試してみると、緑茶や麦茶を飲みながら食事をしているのと変わらず、全く違和感がありませんでした。



 

 
もちろんフルーツやスイーツにも。すっきりとしているけれど、コクも感じられ、後味にはほのかに甘みも。美ら花紅茶は“日常に取り入れやすい”お茶だと思いました。


 
美味しい紅茶を淹れるためのコツは、軟水を使うこと。香りが立ちやすくなるのだそうです。それから、お湯は沸騰させたものを使うこと。ですが、最も大事なことは心を込めて淹れること。丁寧に淹れることで芳醇な香りが立ち、身も心もリラックスするのだそうです。
 
忙しい毎日だからこそ大切にしたい紅茶時間。「最近疲れている」と感じた時には、ぜひ試してみてください。
 
 
【お取り扱い店】
Dear Okinawa,
住所/沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港際内連結ターミナル 2階
営業時間/7:00~20:30
お問合せ/staff@dearokinawa.com
Web/ https://dearokinawa.com/
 
 
 
沖縄CLIPフォトライター 舘 幸子
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜
 

Information

沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港際内連結ターミナル 2階