沖縄観光情報:島カフェでいただくヘルシーなワンプレートランチ(伊江島)

島カフェでいただくヘルシーなワンプレートランチ(伊江島)

post : 2020.04.06 18:00

伊江島(いえじま)でお昼を食べるなら食堂に行くしかない! というのが島人の常識だったのですが、1年前に島野菜を使ったヘルシーなプレートランチをいただけるカフェが誕生しました。島袋ひろきさん・美沙さん夫婦が経営する『CAFE Lovers Rock』です。
 

 
島の作家さんの手作り雑貨や陶芸品が並ぶこじんまりとした店内は、お昼になるとランチを食べに訪れる島人でほぼ満席状態に。黒板に書かれたメニューから選べるのはご飯系とパスタ系が一種類ずつ、それぞれ完全日替わり制です。

 
この日のメニューは「バジルチキンのサラダボウル」。深皿いっぱいに盛られたレタスやハンダマのサラダとこんがりチキンをバジルソースでいただきました。
 
Lovers Rockのメイン料理担当はひろきさん。洋食ともアジアン料理とも言えない、どこかエスニックを感じる味の秘密は、ひろきさんお気に入りのスパイス。

「ジャンルで言うとカリビアン料理に近いですね」。

毎日メニューは変わっても、どうしてもカリビアン風になるというこの味付けがLovers Rockの主軸となっています。
 

 
食べたあとはもうお腹いっぱい! 美沙さんは「とにかくたくさん食べてもらいたいから」と、食べきれるかな? と思うくらいたっぷりのボリュームで盛りつけているそう。「男性女性関わらず、お皿が綺麗になって返ってくることのを見たときが一番嬉しいです」といたずらっぽく笑います。
 

 
次の日のメニューが決まるのは、その日のランチが終わったあと、お二人は買い物カゴを手に島のスーパーへ出動し、農家さんたちが卸している“伊江島産野菜コーナー”の前でアイディアを出しあいます。

「島の野菜はとにかく新鮮で美味しい。トマトは他のものが食べられないくらい大好きですね」。今日のサラダに入っていたレタスとハンダマ、副菜のインゲンも伊江島産です。

 
既製品を使わないこと、産地はできるだけ伊江島か沖縄産の材料を使うことを意識しつつ「価格も抑えたい」というお客さんへの心遣いから食材の調達はほとんど島のスーパーで完結させます。
 
「パパイヤならパパイヤ炒めにするのが普通だけど、敢えてサラダにしようとか、実験的に新しい食べ方を考えています。おばあちゃんたちが作る昔ながらの料理もいいけれど、今の子どもたちに食べさせるならどんな料理が美味しいだろうって考えてます」。


 
 
ランチ以外にも気軽に来られるカフェとして、たくさん利用してほしいと語るお二人。

軽く食事をしたい方には、レギュラーメニューのフレンチトーストやバゲットピザ。暑い日に喉が乾いたら県産黒糖を使った自家製ミックスベリーソーダがおすすめです。
 
前日までに連絡すればヴィーガンメニューも提供可能で、炭水化物抜きのリクエストにも同価格で対応してくれます。夜はアルコールとおつまみで22時まで営業しているので、のんびりまったり時間を過ごしたいときにぜひ足を運んでみてください。

 

 
 
CAFE Lovers Rock
住所/沖縄県国頭郡伊江村川平638
電話番号/080-4274-8871
営業時間/11:30〜22:00(火曜日はランチ営業のみ)
定休日/木曜日
Facecook/https://www.facebook.com/loversrock.ieisland/


写真・原稿:松田藍、編集:浅倉彩

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県国頭郡伊江村川平638