沖縄観光情報:ひとつで満腹。ハイボールにも合うちょっとピリ辛のポークたまごおにぎり

ひとつで満腹。ハイボールにも合うちょっとピリ辛のポークたまごおにぎり

post : 2020.06.12 15:00




沖縄のソウルフードと言えば、沖縄そば、タコス、タコライス、ステーキ、そしてポークたまごおにぎり。県内では、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、お弁当屋さんなどにも並ぶとても身近な食べ物です。




四角いサンドイッチ型のポークたまごおにぎりは、一般的な三角形のおにぎりよりも1.5倍ぐらい大きく、見た目よりもボリューミー。ひとつでお腹がいっぱいになるほどです。




使う材料は炊いたご飯、海苔、卵、そしてポーク(ランチョンミート)だけ。豚肉を加工したポーク缶は沖縄県民にとって欠かせない食材のひとつで、ソテーして玉子焼きに添えたり、ゴーヤーチャンプルーの具材としても使います。ポークたまごおにぎりは、油味噌やチキナー(からし菜を塩漬けしたもの)、シーチキン、昆布の佃煮などをトッピングしてもおいしいのですが、今回はちょっとピリ辛バージョンのポークたまごおにぎりを紹介したいと思います。






使うのは「辺銀食堂の石垣島ラー油」。島とうがらしやキムチ用とうがらし、ウコン、ピパーチ(島胡椒)、黒糖、石垣島の塩、ニンニク、ごま、黒豆、山椒などが入った石垣島ラー油はただ辛いだけでなく、複雑な香りや香ばしさが感じられます。




納豆やお豆腐にかけたり、炒め物に加えるのも美味しいのだそうで、私はポークたまごに入れる玉子焼きに加えてみました(卵1個に対して小さじ2杯)。

作り方はとても簡単。




海苔の上に温かいご飯を敷き、その上に厚めにカットして両面焼いたポークと玉子焼きをのせて、半分に折るだけです。




ポークにしっかり味がついているので、他に味付けする必要はありません。すぐに食べても、ラップに包んでお弁当にするのもおすすめです。




実はこちらのピリ辛ポークたまごおにぎり、お酒との相性も良いんです。私はハイボールと一緒に食べましたが、ビールとも合いそうです。辛いのが好きな方はラー油の量を増やして作ってみてくださいね。

ご紹介した石垣島ラー油は沖縄CLIPマルシェからもご購入いただけます。
https://marche.okinawaclip.com/products/detail.php?product_id=2038

沖縄CLIPフォトライター 舘 幸子 


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県