沖縄観光情報:ゆたかやそばでいただく、味わい深い黄金スープのふわふわゆし豆腐そば

ゆたかやそばでいただく、味わい深い黄金スープのふわふわゆし豆腐そば

post : 2014.06.01 12:00

沖縄県北中城村(きたなかぐすくそん)にあるすばやー(そばや)「ゆたかやそば」。

心もお腹も豊かになって欲しい、そんな店主の思いがそこにはあります。


 

琉球の先人達の想いと、受け継がれて来た伝統を感じながら、

沖縄そばを味わってもらいたい。

そんな思いから旧知念村(現南城市)で解体が決まっていた、

古民家の移設を決めた店主の大城英助さん。

沖縄に育つ木材を使っている古民家は、

密度の高い木、ちゃーぎー(イヌマキ)を使った柱に、

釜戸の煙で燻され黒く色づいた梁が美しいです。

約2年間の移設作業を終え、2002年9月にオープンしました。


 

大城さんは前職を引退後、趣味だった料理の世界へ修行をせずに入ったそう。

日々食べ歩きし、自分の味を追求したおそば。

本当に心に染み渡る、ゆたかになれるおそばです。


(運が良ければ、大城さんが奏でる沖縄民謡を聞くこともできます♪)

 

「自分が納得して美味しいと思えるものをお客さんに提供したい」と語る大城さん。

試行錯誤を繰り返して完成したスープは、豚骨・鶏ガラベースに血合い抜きの鰹節と野菜をプラス。

アクと余分な油を徹底的に取り除くことで、脂っこさのないさっぱりとしたスープに仕上がります。

塩は県産の「ぬちまーす」を使用することで、スープがまろやかになるんだそう。

毎日5時間煮込む黄金(くがに)スープは、キラキラとしていて美しく、

手揉みのもちもちとした麺とよくあいます。

 

麺とスープどちらかが負ける事無く、バランスが抜群のおそばです。



 

私がオススメするのは、スープとの相性が抜群のゆし豆腐がのった「ゆし豆腐そば」です。

沖縄市で作られているゆし豆腐は、防腐剤を使っていないので健康的。

つるっと口の中へ入り、ふわふわとした食感が楽しめます。

身体に染み渡るスープがおいしくて、無心で食べてしまいます。

 

おそばの上のネギは中城村(なかぐすくそん)の契約農家さんが無農薬で育てたものをなるべく使い、

厳選された調味料で味付けをした三枚肉はしっかりと味が染み、噛めば噛む程味わい深いです。


 

ぜひとも、試して頂きたいのは自家製のこーれぐーす。

30度の泡盛に島とうがらしを十分に浸けてできあがり。

絶妙な日数を見極め、出来上がるゆたかやそばのこーれぐーす。

少しかけておそばと頂くと、独特の風味とぴりりとした辛み、ひと味違った味わいを楽しめますよ。


 

美味しいスープをブイヨンの代わりに使ったカレーも隠れた人気メニュー!

癖になる味のカレーに、スパイシーな唐揚げがたまりません。

カレーの苦手な私が、次回はこれにする!と思った一品。

サラダと小そば付きなので、おそばもしっかり味わえます。


 

真空パックに入れたおそばのセットを、全国発送もしているので

県外の方でも楽しめますよ。ぜひお問い合わせしてみてくださいね。

 

ひとつひとつの素材を大切にした、店主の熱い思いがこもった美味しいおそば。

きっと、心も身体も豊になることでしょう。

みなさんも、足を運んでみてくださいね!

 

 

 

ゆたかやそば

住所/沖縄県北中城村美崎75

TEL/098-935-4188

定休日/火曜日(祝祭日の場合は火曜日営業、翌日水曜日がお休みになります)

営業時間/平日11:00〜17:00(L.O) 土日祭日11:00〜19:30(L.O)

 

沖縄CLIPフォトライター 松村朱里

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

北中城村美崎75