沖縄観光情報:お買い物、リラクゼーション、お泊まりもOK…ハイブリッドなオーガニックショップ「BioMIMI」の知られざる実力

お買い物、リラクゼーション、お泊まりもOK…ハイブリッドなオーガニックショップ「Bio MIMI」の知られざる実力

post : 2014.06.05 12:00

※この記事でご紹介している店舗は移転いたしました。
店舗情報の正確性については、沖縄CLIPが保証できるものではありません。



那覇から国道58号線を北上することおよそ100km。

沖縄本島最北部国頭村(くにがみそん)の中心部、奥間エリアの丘上に、

ぽつねんと佇むログハウスが、

「Organic shop Bio MIMI(オーガニックショップ ビオミーミ)」です。

 

 

その名の通り、食品を始め、シャンプー、洗剤、精油、コスメ、雑貨など、

オーガニック(有機栽培の意味で、化学合成農薬や化学肥料に頼らず、

有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法などを言います)

がらみのアイテムを広く、そして豊富に取り扱っています。

 


 

商品セレクトには一定のこだわりがあります。地球環境保護をベースに、

生産者と消費者のフェアトレードを重視し、また食品は、

ベクレルフリー(放射能汚染をできる限り排除する意味の造語)が基本です。

その多くは、国外・県外から、由緒ある認定機関によるお墨付き。

世に氾濫する、“なんちゃってオーガニック商品”は徹底的に排除した安心の品揃えが好評です。

 

 

と、これだけでは、本土のオーガニックショップと何ら変わりませんが、

もちろん県産のアイテムもスタンバイ。イチオシは、

同村東海岸安波の「森岡いちご農園のジャム」(150g/950円)。

無農薬の栽培は難しいとされるイチゴを、無肥料かつ露地栽培することで旨味と甘みを凝縮。

濃厚な国頭産イチゴをご家庭で楽しめる逸品です。


 

また、かつて当サイトでも紹介(http://okinawaclip.com/ja/detail/98)した

本部町の作家・奥野美和氏による10cm程の「ヤンバルクイナワッペン」(1,300円)と

「アカショウビンワッペン」(1,500円)のフェルト製手作りワッペンなどの雑貨も、

お土産にぴったりです。

 


(写真提供/Bio MIMI)

 

そして一番人気は、お隣東村で活動する陶芸家Masaha(マサハ)氏の作品、

直径約2㎝の顔をモチーフにしたやちむん「コンコンベ」(特小500円)です。

一つ一つ異なる素朴な表情は、ポケットに忍ばせておくだけで何か良いことがあるような、

何ともほっこりした気分にさせてくれます。

 

 

2011年3月に沖縄に移住、同年10月にBio MIMIをオープンした

神奈川県出身のオーナー・中野美由喜さんは、

「AEAJアロマセラピスト」の資格を持つエキスパート。

店内にはベッドスペースを設け、アロマトリートメントでリラクゼーションメニューを提供している他、

アロマセラピストやアロマインストラクターの資格のとれるアロマスクールを開講しており、

県内からは那覇市や宜野湾市などから、

さらに県外から集中講座を受けにくる生徒さんもいるそうです。

 

 

そして特筆すべきは、民泊受け入れをしている点です。

特に、県産の有機食材を中心とした創作沖縄料理は、

できる限り肉を使わないベジタリアンメニューが自慢です。

この日の夕飯は、(写真右上から時計回りで)ナーベラー(へちま)の味噌煮、

パパイヤのサラダ、県産もずく、黒米・もちきびのご飯、ゆし豆腐入り味噌汁、

(プレート上手前から)肉の代わりにテンペー(インドネシアの納豆)を用いたごーやーチャンプルー、

揚げなすのアンダンスー(油味噌)乗せ、にんじんシリシリ、

大宜味産のたぴおかアンダギーと、10品目以上が並ぶ大満足の献立。

素材の安心感のみならず、一つ一つ丁寧かつ優しい味付けが思い出に残ります。

また、季節の果物や手作りヨーグルトなど中心の朝食も、健やかな一日の始まりを約束してくれます。

 

 

オーガニック専門のショップ兼、リラクゼーション兼、スクール兼、さらに民泊までOK…。

やんばるの山奥で見つけた、品質重視&機能充実、沖縄でも稀有なハイブリッドなお店

Bio MIMIは、おみやげ購入にはもちろん、北部観光の拠点として見逃せない存在です。

 

 

Organic shop Bio MIMI

住所/沖縄県国頭村奥間262

電話/098-041-3733

営業/9:00~18:00

休/不定

宿泊料金/大人1名7,000円(1泊2食付き)~ ※7日前までに要予約

HP/http://biomimi.ti-da.net

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

国頭村奥間262