沖縄観光情報:アクセス◎・贅沢料理・充実のハード環境!リピーターにこよなく愛される宿「民宿久米島(別館)」

アクセス◎・贅沢料理・充実のハード環境!リピーターにこよなく愛される宿「民宿久米島(別館)」

post : 2014.07.01 21:00

久米島へのアクセスは、飛行機とフェリーの2通りです。

慶良間(けらま)諸島を左手に眺めながら、2時間揺られるのんびりフェリー派も少なくありません。

そんな方におすすめの宿が、港からも見える鮮やかな白とサックスブルーの外観が

目印の「民宿久米島(別館)」です。兼城港から徒歩3分、イージーなアクセスが魅力です。

 

 

 

ところで久米島の観光エリアは、大きく西と東、2つに分けられます。

民宿久米島(別館)は、西側の仲泊(なかどまり)の市街地にあり、

お土産屋やちょっとした商店、飲食店も点在する便利な立地です。

また、空港からも4.9km(車で約12分)と程よい距離で、飛行機派からも支持されています

(ちなみに東側のイーフ地区は、空港から車で約12km、30分程かかります)。


 

宿主の国吉昌也(くによしまさや)さんが、すぐ近くの本家「民宿久米島(本館)」から独立、

平成11年にオープンしました。素朴な人柄で、島の観光や各種ツアーについて丁寧に教えてくれます。

 

 

そして、特筆すべきは、オーナーシェフである国吉さん手作り、質・量ともに文句なしの、

地元食材をふんだんに使った夕・朝の食事です。

毎食必ずメニューに入るのが、捕れたて近海魚の数々。

この日の夕飯は、キハダ・サワラ、そして日本一漁獲量の多い久米島近海のマグロ大トロなど、

豪華な刺身が贅沢に並びます。

そして中央にドーンと座す、この日のメインディッシュには、

久米島地鶏のステーキ・自家栽培無農薬トマトのソースかけです。

久米島地鶏とは、「久米島地鶏牧場」にて10㎡あたりに1羽というのびのびとした環境下、

放牧で育てられた赤鶏を言います。豊富な運動と植物性飼料による、さっぱりした脂質と、

柔らかくて弾力のある肉質に定評があります。

そして濃厚で味わい深いトマトソースが肉自体の旨味を絶妙に引き立てています。

他にも、漬物、モズク、島ラッキョウの天ぷら、キハダの内蔵煮込み、

ゴーヤーチャンプルー、シブイ(トウガン)汁など、ボリュームたっぷり8品目ほどを常時味わえます。

手に入る食材は基本全て久米島産にこだわっている点も、旅人の心を惹きつけます。

なお、釣り客も多く、釣った魚の持ち込みもOKです(調理代別途)。

 

 

朝食ももちろん捕れたて鮮魚が中心です。この日は、サバの麹焼きの他、

パパイヤーチャンプルー、和物、納豆、海苔、自家製トマト&玉ねぎのサラダ、

玉子焼き、唐揚げ、そして二日酔いの体にも優しいアーサの味噌汁と、

朝から満腹で、一日のエネルギーをしっかりチャージ!

 

 

部屋は全20部屋、うち南側の16部屋がオーシャンビューで、

目の前の公園の向こうには美しい東シナ海が広がります。


 

そしてもう一つ、快適なファシリティも見逃せません。Wi-Fi完備、

各部屋にはコンセントも多く、ビジネスマンやカメラ機材を扱うダイバーのニーズも満たしてくれます。

また、長期滞在客も多いことから、冷房・TV・冷蔵庫、さらには洗濯機が各部屋に備え付けられ、

全て無料というのも嬉しい限り。不自由さを少しも感じさせません。

 

 

アクセス◎、地元食材たっぷり贅沢な食事、

充実したハード環境と、三拍子揃った高いコストパフォーマンス。

利用者の約8割がリピーターというのもうなずけます。

 

 

 

 

民宿久米島(別館)

住所/沖縄県久米島町字大田530

電話/098-985-5333

休/年末年始

チェックイン・アウト/14:00・10:00

料金/1泊2食付(大人1名)6,000円~(税込) 

 ※小人料金は要相談

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information

久米島町字大田530