沖縄観光情報:リーフ内でカラフルな魚達がお出迎え!石垣島屈指の人気を誇る天然の海岸「米原ビーチ」

リーフ内でカラフルな魚達がお出迎え!石垣島屈指の人気を誇る天然の海岸「米原ビーチ」

post : 2014.08.03 12:00

石垣島北岸に位置する「米原(よねはら)ビーチ」は、

東西およそ1kmに渡って延びる天然の浜で、きめ細かやかな砂と、

風光明媚な景観が魅力です。


 

醍醐味は何と言っても、水中観察。遠浅のリーフ内に広がる豊富なサンゴ礁と魚影の濃さには、

目を見張るものがあります。干潮時には、浜辺からすぐ大人の膝下程の浅場でも、

カラフルな熱帯魚(写真下は「ハマクマノミ」)を間近に観察できます。

水中メガネさえあれば、大人も子供も大満足間違いなし!




 

 

もちろん、リーフの外は、グっと深くなり更に素晴らしい海中世界が広がっています。

しかし、この辺りは潮の流れが非常に激しく、

近年シュノーケル中に流される事故が多発しており、非常に危険で、

現在「遊泳禁止」と位置付けられているので、ご注意ください。

というのも、米原ビーチは、行政からは正式に(人工的に管理されたいわゆる)“ビーチ”として

認められておらず、監視員もいません。流されたら確実にアウトですので、

絶対に無茶をなさらぬようお願いします。

 

なお、干潮時でもリーフのエッジ付近には強い波が打ち付けるので、近づかないようにしましょう。

さらに、満潮の際はリーフ内でも離岸流が派生し、沖合に流される恐れがありますので、

たとえリーフ内でもシュノーケリングの際は、最低限ライフジャケットを着用するなど、

自己責任の元、十分にお気をつけ下さい。

ちなみに、駐車場には、潮の流れを示す標識もありますので、

海に近づく前のチェックをお薦めします。


 

と、何だか怖いことばかり書きましたが、それでもなお米原ビーチの人気が絶えない理由は、

傍らに「米原キャンプ場」が併設されている点にあります。

夏には地元民を中心にビーチパーティーで大賑わい!

多数のテントがところ狭しと並び、多くの笑顔に包まれます。



 

また、陸地から水際まで数mの高低差がある砂浜は、

大変広々としており大勢の人が訪れても窮屈さを感じさせません。

また、西には緑濃い川平半島がすぐ目の前に迫り、

東の遠方には起伏がダイナミックな平久保半島が延びるなど、独特なロケーションは一見の価値ありです。




 

入口は、東西両方にあります(写真は、東側入口)。


 

トイレや無料シャワー(東側のみ)も、設置されているので安心です。

売店は西側入り口付近にあり、買い出しはこちらが便利でしょう。

駐車場は有料ですが、空きスペースを見つければ停められます

(但し近隣の路上駐車はもちろんNGです)。

 

水の事故にさえ気をつければ、これ以上ないほど魅力に満ちた天然の美しい砂浜。

“石垣島屈指の人気ビーチ”という評判に、間違いはなさそうです。


 

 

 

米原ビーチ(米原キャンプ場)

住所/沖縄県石垣市字桴海446-1

電話/0980-88-5292(米原キャンプ場)

 

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information