沖縄観光情報:150年の伝統がある沖縄の完全無農薬ビーグ(い草)

150年の伝統がある沖縄の完全無農薬ビーグ(い草)

post : 2013.09.01 10:00

150年の伝統をもつ上質な県産品が、うるま市与那城照間(よなしろてるま)にあるのです。
それが照間ビーグ。(ビーグ:沖縄の方言でい草のこと)

上質の秘密は茎の太さと無農薬。
い草は表面に無数の気孔があるため涼しいのですが、照間ビーグは本土産のい草よりも茎が約2倍も太いので
吸湿性が高く、夏もベタベタしません。
ある農家が本土産の苗を持って帰ったところ、沖縄の環境に徐々に適応し、太いビーグに成長したのだとか。



また本土産で行われる泥染めをせず、完全無農薬で作られるので環境にも人にも優しい。

そんな照間ビーグでつくられた畳やゴザ、枕などはとても丈夫で、敏感肌の方も安心して使えるのだそう。



沖縄県内におけるビーグ生産量の9割を占める照間ビーグ。
けれども近年は、生産者の高齢化や後継者不足で厳しい局面に立たされています。
作付け面積が少なく多年草のビーグの収穫は1年に1回。
台風などの影響もあり収穫量も年によってまちまちです。
高級品として県外からの需要も多い照間ビーグですが、県内からの受注だけで精いっぱい。

この伝統ある沖縄の素晴らしい産業を、もっと守っていきたいですね。
 

【沖縄CLIPフォトライター Sandy】

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information

沖縄県