沖縄観光情報:沖縄の定番スイーツ・ちんすこう作り体験!

沖縄の定番スイーツ・ちんすこう作り体験!

  • 体験する
  • 23
  • Clip

post : 2014.08.15 21:00

 

那覇市の市場アーケード街の平和通り東口(壷屋やちむん通り側)と

サンライズなは商店街の入り口が交差する角に、

『食の体験工房』が2014年7月27日にオープン!

 

『食の体験工房』とは、沖縄料理の教室「よんなーフード」が運営する体験型施設です。

これまでは、大人のみを対象とした本格的な料理教室でしたが、

子供も参加ができる「沖縄の食を体験できる教室」としてオープンしました!

 

以前までは、市場と教室が離れていたため、

車で移動しなければならなかったのですが、

『食の体験工房』は、市場に直結しているので

よりアクセスしやすくなりました。


 

『食の体験工房』で体験できる新メニューには、

『手作りちんすこう体験コース』があります。

 

ちんすこうとは、沖縄のサブレのような焼菓子で、

今では、とってもポピュラーなお菓子です。

 

元々、ちんすこう(金楚糕)は琉球王朝時代からの伝統あるお菓子で、

戦後までは、庶民が口にすることがなかったといわれる宮廷菓子でした。

そんな伝統菓子作りを体験できるのです!


 

まずは、出来上がったちんすこうをお持ち帰りするための

詰め合わせ用の箱を組み立てるところからスタート。

 

この箱が、沖縄の赤瓦家のようなデザインでなかなか可愛いんですよ。

ちんすこう作りがますます楽しみになってきます。


 

ちんすこうの材料は、小麦粉、上白糖、ラード、塩とシンプル。

まずは、オーブンを170度〜180度にセットしておきます。

 

次に、ボウルに上砂糖とラードと塩を入れて混ぜるのですが、

このとき、砂糖とラードがクリーミーになるまでよく混ぜましょう。


 

そこに、振るった小麦粉を加え、混ぜ合わせます。

コツとしては、ただかき混ぜるだけではそぼろ状になってしまうので、

握って固めていく感じです。


 

そして形を整えていくのですが、ちんすこうといえば、

今でこそ、一口サイズの細長いかたちが定番となっていますが、

宮廷菓子の時代は、菊など花の型をくり抜いて作っていました。

 

なので、今の定番の形かたちにとらわれず、

星型やハートの型でくり抜いてみたり、

まったく自由なかたちで作ってみるのも面白いと思います。

 

子供たちが作ると、とても感性が豊かで、

大人がビックリするような独創的なかたちを考えたりするので面白いですよ!


 

あとは、クッキングシートを敷いた天板に並べ、

オーブンで18〜20分ほど焼いたら出来上がり。

 

焼き上がったあとは、お楽しみの試食タイム。

とてもサクサクしていて、市販のちんすこうよりも美味しく感じます!

いくつか箱に詰めておみやげにお持ち帰りしてもOKですよ。


 

沖縄の市場で、もっともポピュラーな沖縄スイーツ・ちんすこう作りを

体験してみてはいかがでしょうか!

 

 

よんなーフードの『手作りちんすこう体験コース』

内容/ちんすこうを手作り

所要時間/約60分

料金/おひとり1,500円(材料費込み)

電話/098-867-3639

住所/沖縄県那覇市壺屋1-7-5 民衆ビル1階

※ 現在は、那覇市寄宮に移転しています。

住所/沖縄県那覇市寄宮2-5-8 リブラハウス303

 

よんなーフード公式HP:

http://www.yonnerfood.jp/

 

 

沖縄CLIPフォトライター 桑村ヒロシ(KUWA)

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

那覇市壺屋1-7-5