沖縄観光情報:沖縄のサンゴ礁を育てるコーヒー35COFFEE(スリーファイブコーヒー)

沖縄のサンゴ礁を育てるコーヒー35COFFEE(スリーファイブコーヒー)

post : 2014.08.24 21:00

 

沖縄の海といえば、美しいサンゴ礁に色とりどりの熱帯魚ですよね。

ですが近年サンゴは激減、10年前の10分の1ほどしか残っていないそうです。

 

「日常で飲む、あなたのコーヒー1杯が

サンゴ礁や地球環境を良くするきっかけになれば」

そんな思いから生まれたのが「35COFFEE(スリーファイブコーヒー)」です。


 

35COFFEEでは、世界各地から厳選したコーヒーの生豆を

風化(死んでしまった)サンゴを使い焙煎を行っています。

実は、沖縄の漁業法で採捕が禁止されているサンゴ。

風化していても漁業法が適応するので、

県から受注を受けた業者が回収・破棄を行っています。

 

35COFFEEでは風化サンゴを焙煎に使用するために、

沖縄県の許可を取得し、専門業者から購入しているのです。

 

そんな風化サンゴを使った焙煎は、石焼焙煎に似ています。

生豆を、200度以上に温めた風化サンゴで焙煎。

じっくりと高温で焼き上げることで、

まろやかな味わいのコーヒーに仕上がるんだそう。

 

 

沖縄県内に数あるオフィシャルショップや提携店舗では、

実際に風化サンゴで焙煎したコーヒーを飲むことができます。

 

 

その中でも、アクセス抜群なドン・キホーテ国際通り店へ伺いました。

店内は白と黒で統一された落ち着きのある空間で、

観光中の休息にぴったりです。

 

 

肝心のコーヒーは、まろやかな口あたり。

酸味と苦みのバランスが抜群で、

何も加えずにブラックで飲みたくなります。

 

テイクアウトもできるので、

国際通りを散策するお供にもいいですね。

 

(左:沖縄県産緑茶のアイス、中央:35COFFEEのコーヒーアイス、右:ちんすこうアイス)

 

お店でいただけるのはコーヒーだけではありません。

スイーツ好きの方には、コーヒー豆を使用したアイスクリームもおすすめ。

コーヒーの苦みがしっかりと効いてる大人の味。

観光で歩き疲れた身体を、ひんやりとクールダウンさしてくれることでしょう。

 

他にも、沖縄県産緑茶を使用したアイスや、

ちんすこうアイス!?なども並んでいました。

 

ベビーサンゴ植え付け(写真提供:35COFFEE)

 

さて、それではなぜ「あなたのコーヒー1杯が

サンゴ礁や地球環境を良くするきっかけに」なるのでしょう?

実は35COFFEEでは、総売り上げの3.5%を

「サンゴ再生プロジェクト」に活用しているのです。

 

35COFFEEが誕生した2009年から始まったこのプロジェクトでは、

最適な場所と時期を見極め、ベビーサンゴの植え付けを行っています。

植え付けを行ったベビーサンゴは、すでに2000本を超えていて、

現在でもそのおよそ8割りのサンゴが、

沖縄の海でしっかりと成長し、命を育んでいます。


植え付け後18ヶ月経過  (写真提供:35COFFEE)

 

「沖縄の美しいサンゴ礁が、子ども達が

大人になった時にもありつづけるように」

 

あなたの飲む何気ない1杯のコーヒーが、

実現の手助けになるかもしれません。

 

 

35COFFEEドン・キホーテ国際通り店

住所/沖縄県那覇市松尾2-8-19 2F

TEL/098-840-7885

OPEN/10:00〜20:00

CLOSE/年中無休

HP/http://www.sooeido.com

 

 

 

沖縄CLIPフォトライター 松村朱里(まつむらあかり)

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information

那覇市松尾2-8-19