沖縄観光情報:うつわ+喫茶ボノホ(南城市)のつくり手・佐藤尚理を訪ねて

うつわ+喫茶 ボノホ(南城市)のつくり手・佐藤尚理を訪ねて

post : 2013.09.02 12:00

長野県から沖縄へと移住。
沖縄県立芸大で彫刻を学び、ふとしたきっかけから現在は沖縄県南城市佐敷(さしき)の工房で作陶している佐藤尚理さん。
 

 
その器はゆるやかにゆがみ、陶芸の常識を軽やかに飛び越えるかのように自由なカタチと色をまとっている。
つくるものの理想型が頭の中にあるわけではなく、手を動かす瞬間瞬間のインスピレーションで作品は変化していくそうだ。
作りたいものを作れるように、より使いやすいものになるように。
そして求めているのは、使いやすさと、職人のように作り続けることのできる技術。


 

 
工房はちいさな小屋を自分で建てた。
その工房にならぶのが「うつわ+喫茶 ボノホ」。
自宅を自分で改装して作ったギャラリー兼カフェだ。
 
制作の合間、週末にだけオープンする。
奥さまの真琴さんが料理を担当。
珈琲は尚理さんが焙煎した豆を使う。
 

 
陶器をメインに制作しているいまは、彫刻家とは言えないかもしれない。
来年の今頃は、どんな素材を用いているか自分でも想像できないというくらいだから陶芸家でもないだろう。
アーティストと呼ばれるのは好きではないという。
あえて言うなら、彼は「つくり手」だ。
器も空間も、素材はなんでもいい。
あかるく、開放的な沖縄という地に来て、
伸びやかな空気をそのまま、作品に昇華させているのだ。
 
うつわ+喫茶 ボノホ
住所/沖縄県南城市佐敷手登根65番地
電話/098-947-6441
営業日/土、日曜日
営業時間/11:00〜18:00
 
URL:http://makoto780801.ti-da.net
 
沖縄CLIPフォトライター セソコマサユキ

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information

南城市佐敷手登根65番地