沖縄観光情報:蒼カフェの沖縄県産食材を使った鮮やかなケーキ

蒼カフェの沖縄県産食材を使った鮮やかなケーキ

post : 2014.08.31 12:00

※蒼カフェは、2015年7月から休業しています。


沖縄県南城市(なんじょうし)にある斎場御嶽(せーふぁーうたき)。
世界遺産に登録され、連日多くの観光客が訪れるこの場のちかくに、蒼Café(そうかふぇ)はあります。
 

 

現代的なデザインの外観に、木製の扉が目印です。
国際的に活躍する建築家ジョン・ポールソン氏が手がけたこちらの建物は余計な装飾を省いたシンプルなデザインがこだわり。
店内には、大きな窓があり、開放感あふれる雰囲気が漂います。

 

 

シンプルながらも緻密に設計されていて、その大きな窓からは「神の島」と呼ばれる「久高島」を見渡せます。
そんな落ち着きのある空間で頂けるのが、蒼カフェ専属パティシエが作る県産食材を使用したスイーツの数々。


 

なかでも、一年を通して食べる事ができる「紅芋チーズケーキ」がおすすめです。酸味の少ない高級デンマーク産クリームチーズと県産紅芋が見事にマッチ。しっとりとした口当たりで、しっかりと紅芋本来の甘みを楽しむことができます。

 

 

他にも、季節のフルーツをつかったスイーツもあります。
夏期に頂けるのは、県産シークワーサーを使った「レモンとシークワーサーのタルト」。果汁がたっぷりと入った酸味のあるカスタードクリームとタルト生地の相性はぴったり。ほどよい酸味がふわりと広がります。まだまだ残暑の続くこの時期に食べたくなる、さっぱりとしたスイーツです。


 

他に昔ながらの「沖縄ぜんざい」を復刻させた「緑豆ぜんざい」も。
現在の沖縄ぜんざいには欠かせない金時豆ですが、戦前は貴重でなかなか手に入らなかったそう。
そのため、手に入りやすい緑豆を使ったぜんざいが主流でした。いまでは逆に、緑豆を使ったぜんざいは沖縄でもほとんど見かけません。
蒼カフェならではのスイーツといえそうです。

 

 

スイーツと一緒に楽しみたいのが、フランスの高級紅茶専門店「マリアージュフレール」の茶葉を使用したドリンク。
すっきりとした口当たりのマルコポーロや、ミント香るカサブランカなど、観光した後の疲れた身体にぴったり♪

 

 

一息ついたら、店内の大きな窓からテラスへどうぞ。そこには南国の植物と青い海が広がります。
沖縄の南部ならではの、青々とした海と空はなんともいえません。
南部へ旅をした際には、上質な落ち着きのある空間とうつくしい風景のなか、美味しいケーキと紅茶が堪能できる蒼Café へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

※蒼カフェは、2015年7月から休業しています。

蒼Café 
住所/沖縄県南城市知念字久手堅304-1
TEL/098-949-7688
OPEN/10:00〜18:00
CLOSE/水曜
HP/http://www.sou-cafe.com

沖縄CLIPフォトライター 松村朱里(まつむらあかり)

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~
 

Information

南城市知念字久手堅304-1