沖縄観光情報:宮古島きっての個性派海浜公園!「イムギャーマリンガーデン」

宮古島きっての個性派海浜公園!「イムギャーマリンガーデン」

post : 2014.09.23 12:00

地元では「インギャー」と呼び親しまれている「イムギャーマリンガーデン」は、

名だたる人気ビーチが集中する宮古島でも、一風変わった個性を放っています。


 

宮古島南部、自然の造形を活かした海浜公園で、

池のような内海と橋、生い茂る緑に遊歩道を調和させたロケーションは、

どこか日本庭園を彷彿させる独特な世界観が印象的です。

 

公園全体の形状は、南海岸沿い東から西に400〜500m程に延びる半島と、

そこに囲まれた入江の一部が公園として整備されています。

付近には、駐車場(台数少なめ)、トイレ、シャワーと、

無料が嬉しい3点セットを完備する他、ちょっとしたお食事処も隣接しています。

小ぶりながらもビーチは常に穏やかなため、お子さん連れでの磯遊びも安心です。

 

 

そして、一番のお楽しみはシュノーケル(シュノケ)です。

深いところでは15m程にもなるガーデン内の海底には、リーフが点在し魚影も濃いため、

何時間でもプカプカしていられます! 

 

 

まさに、天然のプールとも表現できる静かな内海は、インギャー橋で仕切られていますが、

橋の外側もなだらかなリーフが続くため、海況さえ良ければのんびりシュノケを堪能できるでしょう。

 


 

但し、100m程先のリーフエッジから外は、正真正銘の外海で大変危険です。

エッジ付近は波も高いため、絶対に近づかないようご注意下さい。

また、たとえ入江内でも、シュノケの際はライフジャケット着用を心がけましょう。

あくまでも安全第一が基本です!

 

 

さらに、イムギャーマリンガーデンの魅力は、海遊びだけではありません。

遊歩道の先にある高さ約30m、宮古牛のオブジェが目印の展望台に登ってみましょう。

北側からは美しい入江を俯瞰できます。

 

また、南側の極彩模様のリーフの先には広大な太平洋につながる東シナ海(※)、

東西にはともに起伏の激しい宮古島南海岸を一望…。

360度の大パノラマは、もう絶句するしかありません。

※宮古島において、東シナ海と太平洋の境界は、最東部の東平安名崎の先端辺りで、

イムギャーマリンガーデンの南側は東シナ海とされています




 

 

“海辺の箱庭”とも呼ばれる自然のプールでありながら、高台からの絶景ビューにも大満足…。

老若男女誰もが、何時間でも遊び続けられる

宮古島屈指のポピュラースポット、立ち寄らない手はありません!


 

 

「イムギャーマリンガーデン」

住所/沖縄県宮古島市城辺友利605-2

 

宮古島観光協会

電話/0980-73-1881

HP/http://www.miyako-guide.net

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

宮古島市城辺友利605-2