沖縄観光情報:古き良きアメリカにタイムスリップしたような炭焼きパテのハンバーガー屋さんGordie's(ゴーディーズ)

古き良きアメリカにタイムスリップしたような炭焼きパテのハンバーガー屋さんGordie's(ゴーディーズ)

  • 味わう
  • 133
  • Clip

post : 2014.09.24 21:00

土地柄、外国人の多い北谷町砂辺(ちゃたんちょうすなべ)エリアの一角にある

外人住宅の赤いドアを開けると、

まるで50’sのアメリカに本当に迷い込んでしまったかのような

気持ちにさせてくれるハンバーガー屋がある。


 

「Gordie’s」。

店名はオーナーの小林さんが小さい頃から大好きだった映画

「スタンド・バイ・ミー」の登場人物、ゴーディーから名づけられた。

 

ハンバーガーに慣れ親しんだアメリカ人もとりこになる

Gordie'sのハンバーガーづくりは、

このお店のユニークなこだわりを感じさせる。


 

食べ応えのある粗引きのお肉を

一枚一枚炭火で焼くGordie'sのパテは、

頬張るとじっくり煮込んだオリジナルソースと絡み

口いっぱいに肉の旨味が広がる。

卵やパン粉などつなぎは一切使用していないので

とても肉々しい。

 

バンズも元々は業者に頼むつもりが

試験的に自家製で作ってみたら思いのほか美味しくでき、

今では大きな焼き釜も購入し

試行錯誤しながらパテにあうように改良し続けている。

 

メニューも豊富で、ビーフ以外にも

チキンやロースカツをつかったものも。

トッピングのパイナップルやグリルドオニオンなどで

自分好みにカスタマイズすることもできる。


 

「実はもともとそんなにハンバーガーに

こだわっていたわけじゃないんですよ。

最初は古き良き時代のアメリカの世界観が好きで、

たまたま自分が沖縄に来た当時に働いていた

ハンバーガー屋とその世界観が繋がって。

それでそういう雰囲気のお店を持ちたいなって

思うようになったんです」



 

50’sのアンティークのアメリカン家具を中心に

店内には小林さんが小さい頃から少しずつ集めてきた

アメリカングッズやDIYされたものがディスプレイされている。


 

中には素敵なエピソードが隠れているものも。

 

「このランプに使われている瓶は、

いつもこの席に座る老夫婦がくれたものなんです。

またこの席に座ってくれたときに喜んでくれるかなって」


 

スタンド・バイ・ミー好きが高じて

舞台になったアメリカの田舎町に独りで訪ねていったり

小林さんの「古き良きアメリカ」の世界観に対する

こだわりは相当なもの。

 

炭の香りがするハンバーガーを頬張り

近くの席で聞こえてくる英語の会話に耳を傾けて、

沖縄で50’sのアメリカにタイムスリップしてみよう。


 

 

Gordie's

住所/沖縄県北谷町字砂辺100-530

電話/098-926-0234

Open/11:00~ラストオーダー21:00

(土日のみモーニング・8:00~11:00)

朝食営業、ランチ営業、日曜営業

不定休

 

沖縄CLIPフォトライター Sandy

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

北谷町字砂辺100-530