沖縄観光情報:沖縄最大級のビッグイベント第44回那覇大綱挽まつり!

沖縄最大級のビッグイベント第44回那覇大綱挽まつり!

  • イベント
  • 13
  • Clip

post : 2014.10.08 21:00

※この記事は、2014年に開催された「第44回那覇大綱挽」のイベントレポートです。次回は、2018年10月6日(土)〜8日(月)に開催されます。詳しくは、主催者のWebサイト等をご確認ください。

 

 

沖縄、秋の風物詩といえば、何と言っても大綱挽!

県内各地で催される大綱挽ですが、中でも、“米藁で製作された世界一の綱”として、

堂々ギネス認定されている「那覇大綱挽(なはおおつなひき)」は別格です。

全長200m・直径1.56m・総重量43.0tのウルトラビッグな代物は、全国から延べ28万人以上も集まる、毎年恒例「那覇大綱挽まつり」にて間近で見物、それどころか誰でも参加可能です!

 

 

 

 

 

 

那覇大綱挽まつりは、毎年10月、体育の日の3連休に那覇市中心部周辺で行われ、

大綱挽自体は中日(日曜日)に開催されます。

第44回となる今年は、10月11日(土)~13日(月・祝)の3日間。

期間中、各所でライブなどのイベントも行われます。

メインの大綱挽は、12日(日)15:08(大綱挽式典開始)より、国道58号久茂地交差点を中心に、1万5000人もの参加者がダイナミックに引き合います。

 

 

 

 

 

那覇大綱挽は、琉球王朝時代から400年以上続く歴史ある伝統行事で、綱挽前の様々な所作も見応えがあります。

「我栄(がーえー)」は、“綱挽勝者が勝ち鬨を上げる事”を意味します。

東西それぞれの地区実行委委員会が、美ら旗を振り合う「旗頭我栄(はたがしらがーえー)」はエキサイティング!

続いて「空手我栄」での演武も勇壮です。

 

 

 

 

 

そしていよいよ、西と東の綱を「頭貫棒(かぬちぼう)」でつなぎ合わせる大迫力の「かぬちちじ」が行われ、綱が結合! 

 

 

 

 

 

その後、綱の上で歴史上の人物に扮した「主人公」が見得を切る「支度(したく)我栄」、「東西綱方我栄」が厳かに行われ、16:00、那覇市長(那覇大綱挽審判長)の合図でくす玉が割られ、いよいよ勝負が始まります。

 

 

 

 

10月とはいえ、陽が出ていればゆうに30度近くにもなる沖縄の午後。参加者は当然全身汗だくに!

 

 

 

 

引き合いは30分間続き、審判団の計測により、勝敗が決します。

ちなみに、現在は、東13勝・西13勝・引き分け14回と、東西ともに実力派拮抗しています。

 

綱挽終了後、手綱は縁起物として持ち帰ることができます。

手綱が切り取られ参加者に配られる「嘉例綱取り(かりーつなとり)」を、一年間心待ちにしていた人で溢れかえります!

この争奪戦も、メインの綱挽に劣らず熱いものがあります(笑)

 

*なお、手綱は、大綱挽関係者により渡されます。個人で勝手に切り取るのは厳禁です。

言うまでもなく、関係者以外(手綱を切り取るため)の刃物等の所持・使用は、法律により固く禁じられており、警察による取り締まりの対象となりますので、絶対にお辞め下さい。

 

 

 

 

 

見学だけではなく、実際に東西いずれかの“力”となれる、参加型のビッグイベント…

歴史と伝統の熱い戦いを、ぜひ体感して下さい!

 

*台風等の荒天が見込まれる場合は、11日(土)の午前中に実行委員会内で協議がなされ、各種マスコミを通じて、延期・中止等の判断が発表されますので、予めご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

第44回 那覇大綱挽まつり

期間/2014年10月11日(土)~13日(月・祝)

会場/国際通り・国道58号久茂地交差点・奥武山公園、他

料金/無料

主催/沖縄県那覇大綱挽まつり実行委員会、他

電話/098-862-3276(那覇市経済観光部 観光課)

 

■ 編集部追記

次回の那覇大綱挽まつりは以下の日程で開催されます。

日程/2018年10月6日(土)〜8日(月)
場所/国際通り・国道58号久茂地交差点・奥武山公園
詳細/サイトはここから


<関連記事>

・世界最大の大綱をめぐる西と東の熱闘!「第44回 那覇大綱挽まつり」レポート

 

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information