沖縄観光情報:おいしいタコスを食べられて器まで買えちゃう欲ばりカフェ

おいしいタコスを食べられて
器まで買えちゃう欲ばりカフェ

post : 2014.10.20 12:00

 

ドアを開けた瞬間は、センスのいい器屋さん。

でもちょっと奥へ足をのばすと

かわいいカフェスペースが出現。

ランチをしたりティーブレイクしたり、

器を見てゆったり買い物までできる。

「LOTTA(ロッタ)」は、

ふたつのお楽しみがあるカフェです。


 

並ぶ器は、読谷村(よみたんそん)に

ゆかりのある若手作家の作品が中心。

初めて沖縄を訪れた人にも、

この土地の空気を感じてもらえるような器選びをしています。


 

ぐるりと見渡し、最初に目に入ったのは

県内外に人気の工房十鶴(こうぼうじっかく)の器。

写真(上)は、ぽってりとしたフォルムで

思わず手に包みたくなるマグカップ。

ドット柄は定番、サボテン柄は新作だそう。

並ぶとすぐに売り切れてしまう器たちは、

12月にLOTTAで展示会を開催予定です。


 

こちらは安里貴美枝さん×LOTTAの

コラボで作られた遊び心あふれる親子プレート。

大小ペアになっていますが単品購入もOK!

子どもたちがとびりき笑顔になりそうな器です。


 

眺めているだけで楽しくなり、

テーブルがぱっと華やぐのは小林美風さんの器。


  

そして、鈍い輝きにほれぼれしてしまう

中村一也さんのガラス。

琉球ガラスの製法で作られたグラスは、

どこか懐かしいレトロな空気をまとっています。

 

いずれも日々の食事を豊かにし、

ごはんが待ち遠しくなる器、

暮らしの景色を変えてくれそうな器です。

 

他に子ども用の木工スツールにワッペン、

オーガニックヘンプの帽子などもあり、

こじんまりしていながら

買い物のわくわく感が詰まった空間には、

常時15~20名の作家ものが並びます。


 

奥に位置するカフェスペースは、

メキシコの家をイメージ。

ベンチはわらの塊に漆喰を塗って仕上げた

ストローベイル建築の手法を取り入れており、

自分たちで完成させたもの。

大勢でわいわい集うのも楽しい造りになっています。


 

ここで食べられるのは、

タコスやエンチェラーダなどのメキシカンフード。

 

内装同様、食材にも思い入れがあり、

「おきなわ食材の店」と

「やんばる畑人<ハルサー>プロジェクト応援店」に加盟しているので、

メニューひとつひとつに、無農薬・有機野菜などの

県産食材がふんだんに使われています。


 

そんなメニューのイチオシは、やっぱりタコス。

ハードタイプの皮が主流の沖縄で、

本場メキシコのソフトタイプの皮を食べられます。

ぱくりとかぶりついて皮をかみしめると

とうもろこしの香ばしい風味が口いっぱいに。

 

それもそのはず、自家製の皮は

長い間メキシコ料理店に勤めた

ご主人こだわりのもの。

 

具は日替わりで、写真(上)は

やんばる鶏のスパイシータコス。

添えられたフレッシュトマトの

サルサソースとの相性が抜群です。


  

デザートなら紅芋ベジプリンを。

卵・牛乳を使わずに豆乳で作られたもので

ぷるるんとしたなめらかな口当たり。

花形に抜いた紅芋がのっていて

見た目にもかわいいプリンです。

 

フェアトレードのコーヒー豆を使った

オーガニックアイスコーヒーもおすすめ。

 

いずれも店で扱う作家さんの器を使っており、

料理やデザートが盛られると、

はっとするほど、おいしそう!

その器が食卓にのぼったときに

どんな風に映るか、器づかいを見られるのも

LOTTAならではのお楽しみです。

 

 

作家さんと手をつなぎ、農家さんと手をつなぎ、

沖縄の空気や味を伝え続けるオーナー夫妻。

 

お土産選びだけでも、カフェブレイクだけでも

欲張ってふたつを楽しんでもいい。

LOTTAの扉を開けたら、気の向くままに

思い思いの旅時間を過ごして下さいね。

 

 

LOTTA(ロッタ)

住所/沖縄県読谷村都屋272‐6

電話/098‐956‐2818

営業時間/10時~18時

定休日/月・火曜日

http://lottablog.ti-da.net/

 

 

沖縄CLIPライター 小野暁子

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information

読谷村都屋272‐6