沖縄観光情報:手作りならではのオリジナルな存在感…宮古島「カフェカラカラ」

手作りならではのオリジナルな存在感…宮古島「カフェ カラカラ」

post : 2014.10.28 12:00

生い茂る南国の植物、隆起サンゴで固められた石垣、

大小様々な手描きのカラフル看板、木造のバラック風建屋…。

宮古島、平良(ひらら)市街地から県道83号を北上、池間島へ向かう途上右手に、

オリジナルの匂いが漂う、ちょっと不思議な空間が、ポツネンと佇んでいます。


 

2002年創業の「カフェ カラカラ」は、流木や岩、貝殻など島の素材を用いたテーブルと椅子、

インテリア&エクステリア各種は、全てオーナーが約1年かけた手作りの、いわば“作品”です。



 

あえて薄暗い店内は、熱帯魚たちが悠々と泳ぐ大きな水槽の光がよく映えます。

落ち着いた色調の長さ3m程のカウンターテーブルは、

宮古島産「トラバーチン」という高級石を使用。

椅子は、琉球松まるごと1本をカウンターに合わせた高さに切り、

皮を剥いてバーナーで焼いたという手の込みよう! 

そして、ちょっとした雑貨や植木などがもたらす素朴な風合いも心地良し…。

天然素材を愛するオーナーのこだわりが、随所に散りばめられています。

 


 

メニューももちろん独創的。一番人気の「宮古島カレー」(800円税込)は、

数種類のスパイスを使ったオリジナルのシーフードスープカレーです。

さて、何の形に見えるか分かりますか!? 

ヒントは、大盛りにすると、右上にフライが一つ増えます(笑)。


 

一番のオススメはテラスで味わう宮古牛のBBQ(2名以上/各2,000円〜)。

屋根付きの東屋もあるので、雨の日でも安心です。

 

また、ドリンクやデザート類も充実。

宮古産マンゴーを贅沢に使った「マンゴージュース」(右/750円税込)は、喉越し爽やか。

鮮やかなブルーが映える「クリームソーダ」(480円税込)は、美ら海をイメージしています。

夕時なら、西の海に沈みゆく夕陽を一望できる、開放感抜群の屋上でどうぞ。


 

2015年には「貝工房」を併設、貝クラフトや手作りランプ教室もオープンの予定。

島の天然素材たちと戯れつつ、自分だけのオリジナルを創作…

思い出のひとときとなること、間違いなさそうです。


 

 

 

カフェ カラカラ

住所/沖縄県宮古島市平良大浦130-32

電話/0980-73-8385

営業/11:00~22:00

休/不定

P/あり

HP/http://www.miyakokarakara.com

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

宮古島市平良大浦130-32