沖縄観光情報:華麗な色彩と精緻なディテールに脱帽…石垣島「唐人墓」の圧倒的な造形美

華麗な色彩と精緻なディテールに脱帽…石垣島「唐人墓」の圧倒的な造形美

post : 2014.10.28 21:00

石垣島南西部、観音崎にほど近い丘上にある「唐人墓(とうじんばか)」は、

赤と緑の極彩色が際立つ異色の存在です。


 

1852年の「ロバート・バウン号事件」で

犠牲になった中国人労働者の御霊を祀るため、1971年に建立された慰霊碑です。

歴史的な解説は他サイトなどに詳しいので割愛し、今回は高さ2〜6m程、

間近では決して見られない、繊細に装飾された彫刻たちにフォーカスしてみました。

圧倒的な造形美をお楽しみ下さい。

 

トータルデザインのベースに用いられた龍が躍動感を生み出しながらも、

ディテールには、王族や貴族、騎士や僧、子供など現実世界の人間をつぶさに配置。

大と小、シンプルな対比構成が、ダイナミズムを生み出しています。

また、山や松、花など自然界のモチーフが、

主人公の人型彫刻たちをさり気なく引き立たせつつも、

様々な物語を想起させることに成功しています。



 

赤や黄、緑や青といったきらびやかな衣服に始まり、仙人?とも思わせる悠々自適な翁、

そして騎士の槍や剣、馬具などバリエも豊富で、作り込みも精緻。

一つ一つ豊かな表情には奥深さが漂い、思わず見入ってしまいそうです。

ただ何故か、女性像が見当たらないのが、ちょっとだけ謎です。



 

朱を大胆に使用するオリエンタルな造形美…。その、首里城などにも通じる世界感は、

沖縄文化のルーツが古の大陸にあるという雄大なロマンを内包しているのです。


 

さて、ミクロの世界と戯れたら、海側に視線を向けてみましょう。

風通しの良い高台からは、数km離れた竹富島がすぐ目の前に迫ります。

そして、南国を象徴する真紅のハイビスカスや

真夏の太陽を思わせる赤いサンダンカといった花々が、

石垣ブルーの海や空と鮮やかなコントラストを形成しています。


 

さらによく見ると、赤と緑からなる“補色”の関係性は、

図らずも主役の唐人墓と同じコンビネーションに。

この、周囲に絶妙に溶け込む佇まいが、計算されていたのだとしたら…。

小さな驚きとささやかな感動を覚えずにはいられません。


 

と、景観におけるマクロの視点で俯瞰してみると、また違った趣が生まれてくる、

そんな不思議なロケーション&オブジェクト…。それが唐人墓なのです。


 

 

 

唐人墓

住所/沖縄県石垣市新川1625-9

料金/無料

P/あり

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

石垣市新川1625-9