沖縄観光情報:こだわりの自家製麺が味わえる沖縄そば屋「まるやす」

こだわりの自家製麺が味わえる沖縄そば屋「まるやす」

post : 2014.11.02 21:00

週末、仕事もなくゆったりとした家族の時間。

今日のお昼は久しぶりに食べに行こうかなんて話題になり、

 

「何が食べたい?」

 

と尋ねると、おチビたちが

耳を塞ぎたくなるほど大声で

 

「ま・る・や・す~!」

 

と言うのです。

 

何を隠そう息子は5歳の頃から、「そば(大)」を平らげてしまうことで、

まるやすの店員に顔を覚えられているほど。


 

まるやすは、我が家が勝手に命名している、うるま市の

「そばストリート(うるま市上江洲の交差点から勝連方面へ延びる道)」にあります。

前回ご紹介した「そば屋まえはら」と「まるやす」は

我が家の「そばランキング」の上位に常にランクイン。

 

彩り豊かな沖縄そばのイラストや紅型のモチーフが「めんそーれ」と迎えてくれます。


 

店内はシンプルなおそば屋さん。小上がりの座敷と、

テーブル席があり、我が家の指定席はいつも小上がり。

 

メニューも豊富で、ソーキ、軟骨ソーキ、三枚肉が乗ったまるやすそばが定番メニュー。

とろとろに煮込んだ軟骨ソーキそばと共に絶大な人気を誇ります。


 

なんといってもここの特徴は、喉越しが最高な自家製麺!

オーナーが研究を重ねて作った麺は、コシのある歯ごたえに、

つるつるっとした喉ごし。沖縄そばでは今までに経験したことのないほど、

美味しい!とうなずける麺。

噛めば噛むほど「アレ? また食べたいゾ!?」

と脳が指令を出してきます。

 

白濁スープは、コクのある鰹の効いた出汁。

まるやすが生み出した自家製麺にはこのスープ以外に合うスープは無い!

と断言出来るほど相性抜群。

気づけば、毎回スープまで、完食している自分に驚きます。


 

スープをさらに美味しくいただくアイテムが「自家製かつお粉」。

コクのあるスープを、さらに美味しく変化させてしまう優れもの。

 

「美味しすぎて食べきってしまう前に振りかける!」をいつも密かに心がけています。


 

その他にも、女性に嬉しいゆしどうふそばや、

お肉の入っていないメニュー、アーサーそばもお薦めメニュー。

トッピングも可能なので、物足りない方はお好みのお肉をトッピングすることも。

 

サイドメニューには、じゅーしーと呼ばれる沖縄の炊き込み御飯、

いなり、鶏めしなどもあります。ウチはじゅーしーはサイドで必ず頼んでますね。


 

今回初めて味わった「鶏めし」

炊きたてのご飯の上に乗せられた、甘辛く炊き上げた鶏。

わさびと刻みネギ、紅ショウガを乗せていただきます。


 

そばのサイズが小、大、特大から選ぶことが出来るので、サイドメニューも食べたいときは、

そば小といなり、今日はガッツリ食べたいときはそば大と鶏めしなどアレンジ自在。

 

うるま市の美味しい「そばストリート」。世界遺産勝連城跡へ通じることもあり、

最近では県外や、アジア圏の観光客が訪れることも多くなったそうです。

しかも県外からのリピーターもいるとか!

 

夕方に売り切れてしまうことが多いので、

早めに行かれることをお勧めします。

 

 

まるやす

住所/沖縄県うるま市具志川2921番地

電話/098-974-8100

営業時間/11:00~17:00

定休日/火曜日(火曜日祝日の場合、翌日水曜日休み)

※売り切れ次第終了

 

 

沖縄CLIPフォトライター monobox(河野哲昌、河野こずえ)

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information

うるま市具志川2921番地