沖縄観光情報:この秋完成予定「やんばる森のおもちゃ美術館」

この秋完成予定「やんばる森のおもちゃ美術館」

post : 2013.09.14 12:00

 

沖縄本島北部の「やんばる」は「ヤンバルクイナ」に代表される5,000種類以上の貴重な動植物が生息する自然の宝庫。 

そんなやんばるの自然と触れ合うことができる「やんばる森のおもちゃ美術館」が2013年11月に完成予定です。

「やんばるの森おもちゃ美術館」は国頭村が森林公園にある多目的ホールをリニューアルして作る施設で、 

東京都新宿区にある「東京おもちゃ美術館」初の姉妹館となるそう。運営は地元の森林組合が行う地域密着型の美術館です。

 

 

 

 

館内におかれる予定のおもちゃは、沖縄の森のめぐみを活かしたユニークなものがいっぱい。

 例えば、すべり台やトンネルなどの遊具には歴史ある「蔡温松(さいおんまつ)」が使われています。 

蔡温松は約300年前に沖縄林業の父である「蔡温」が植えたとされる貴重なものですが、 

台風で倒木してしまったものを利用できることになったそうです。

 

 

また、沖縄県の花であり日本で最も軽い材「デイゴ」と日本で最も重い材「イスノキ」を使った

積み木は、子供たちが遊びの中でその重さの違いに気づき、大自然の神秘を感じられるようになっています。

 

 

未来を担う子供たちがやんばるの大自然と触れ合い、自然を大切にするこころを育めるなんて

素敵ですね~やんばるの新たな観光スポットになること間違いなしです!

 

 

現在「やんばる森のおもちゃ美術館」では「一口館長」を募集中とのこと。 

美術館をおもちゃでいっぱいにするお手伝いをしてみませんか? 

詳しくは下記URLから。

https://readyfor.jp/projects/okinawa_toy_museum

 

沖縄CLIP編集部

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information