沖縄観光情報:シンプルだけど個性的。沖縄の気候に馴染むFABRICの服。

シンプルだけど個性的。沖縄の気候に馴染むFABRICの服。

post : 2014.12.25 21:00

北谷町砂辺(ちゃたんちょうすなべ)にある洋服屋「FABRIC」の服を着ていると、

不思議と老若男女、どんな人にも「素敵な服を着ているね」と褒められる。


 

シンプルだけど個性的なオリジナルの洋服は

どんな体型の人でも体のラインがきれいに見えるように

計算されて作られている。

フワフワと風になびく布は、女性の動きも綺麗に見せてくれる。

体を必要以上に締め付けないラインの物が多いから

着心地もとてもよく、オシャレな普段着として

私もヘビーローテンション中だ。


 

素材はリネンとオーガニックコットンが中心なので

撥水、吸水、風通しが良く、

沖縄の湿気の多い気候にとてもよく馴染む。

そういった素材のものはナチュラルすぎるデザインが多い気がするが

FABRICの服は街にも映えるおしゃれさが嬉しい。

 

オーナーでデザイナーの服部さんは

東京の専門学校で服飾を学んだ後、パタンナーとして就職、

その後沖縄のアパレルで企画から携わっていた。


 

そして30歳になりそろそろ自分のお店を持ちたいと思っていた頃、

ちょうど今の店舗になる物件と出会った。

「砂辺はシュノーケルでよく来ていたんですが、

ここはもともとお花屋さんで、この螺旋階段が素敵だな、と

ずっと思っていたんです」


 

オリジナルのものは、店舗の上にある工房で

ひとつひとつ服部さんが手作りをしている。

 

「今洋服がこれだけ溢れている世の中だけど、

そんなに多くの洋服は必要ないと思っていて。

自分が作れる分だけ作って、購入してくれる人にも

じっくり着込んでほしい」

 

オリジナル以外にもセレクトしているブランドがいくつかあるが

やはりヘンプ、リネン、オーガニックコットンなどの

環境に優しい素材のものを中心にセレクト。

肌に触れるものが天然素材だと、安心感も気分も断然違う。


 

その他、生地を持ち込んで好みのデザインを言えば

オーダーメードで作ってくれたり、

気に入りすぎてくたくたになった服を別の生地で作り直してくれたり、

長袖のものを半袖にしたりなどのカスタムも受け付けている。


 

ファストファッションが主流の今だからこそ、いいものをより長く、

環境にも配慮している気持ちの良い衣服を身に着けられる事は

本当に贅沢だな、と袖を通すたびに感じるのだ。

 

 

FABRIC

住所/沖縄県北谷町字港7−10

TEL/FAX/098-926-5474

E-MAIL /info@fabric-okinawa.com

facebook/http://www.facebook.com/fabricokinawa

定休日/木曜日 

 

沖縄CLIPフォトライター Sandy

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information

北谷町字港7−10