沖縄観光情報:温かい海水で心身をリフレッシュ!かりゆしカンナタラソラグーナ

温かい海水で心身をリフレッシュ!かりゆし カンナ タラソ ラグーナ

  • 体験する
  • 33
  • Clip

post : 2014.12.26 12:00

冬…。温暖な沖縄でも最低気温は10度と、夏の海が恋しくなります。

特にこの冬は全国的にも寒く、ことさらに温泉やお風呂に浸かりたくなります。

しかし、残念ながら、沖縄に温泉はほとんど無く、

大浴場などの施設も決して多いとは言えません。

 

しかしご安心を。温かな海水を用いる、全国でも数少ない

「タラソテラピー」を体感できる施設「かりゆし カンナ タラソ ラグーナ」が、

宜野座村(ぎのざそん)にあります。


 

北部東海岸、天然の「漢那(かんな)ビーチ」が目の前に広がる抜群のロケーション!

オンシーズンは、海水浴客で賑わいます。


 

自慢は、フレッシュな海水を平均37°Cに温めた、開放感抜群の温水設備の数々。

ジェット噴射のジャグジー、ハーブ浴、シルキーバス、遠赤サウナ、ミストサウナなどなど、

海水の浮力、水の物理的作用を利用した14種類ものプールやジャグジー、

サウナ等を完備し、様々な角度からリラクゼーションを促します。


 

ところで、タラソテラピーとは、ギリシャ語の“thalassa”「海」と、

フランス語の“therapie”「治療」に由来する合成語。

フランスで発達した「海水療法」を意味します。

同国では延べ250万人が利用するほど、一般的に認知された自然療法です。

 

“生命の揺りかご”と言われる海。

それは、海水の成分は羊水と非常によく似ているためで、

さらに体温に近い37°Cまで温めることから、

タラソテラピーは、“母親の胎内に回帰したような感覚”などと形容されることもしばしば。

ナチュラルな心地良さで、身体の内から外からリフレッシュ…。

 

本土のタラソ施設では、数万円するコースもリーズナブルに設定されています。

中でも注目は、全国でも唯一となる「海中整体」です。

 

まずは、セラピストと相談し、体調や気分に合わせて、好みのプールで施術場所を選びます。

天気が良ければ、開放感抜群の岩風呂がイチオシ!


 

足や肩からほぐすようなストレッチから四肢を慣らし、

徐々に力を加えて、全身をもみほぐしてゆきます。地上では痛そうな体勢も、

海水の中なので、ストレスも無く、むしろ自然に筋が伸びるイメージです。

術後は、海水のミネラル分のせいか、身体が軽くなるのを実感するでしょう。


 

コースは、20分(4,320円)・40分(6,480円)・60分(9,720円)、

いずれもマンツーマンの至福タイムを味わえます。


 

他にも、疲労回復やダイエットなど、メニューのテーマはさまざま。

さらに、3Fには充実のエステサロンや、

リラクゼーションに特化したアクアセラピー「WATSU(ワッツ)」もスタンバイ!

と、選択肢は多岐に渡ります。

 

もちろん、海中整体などのコースを受けずとも、気軽に温水プールで戯れるだけでもOK。

結構本気のウォータースライダーは、特に子供に大人気!


 

土・日曜には、那覇から一時間強の無料シャトルバス(要予約)も運行しているので、

アクセスもラクチンです。

 

温かな海水で、しなやかにリフレッシュ&リボーンする、ボディとマインド…。

タラソテラピーは、この季節にこそ真価を発揮する、沖縄の、知られざる癒しの極みなのです。


 

 

 

かりゆし カンナ タラソ ラグーナ

住所/沖縄県宜野座村字漢那1817

電話/098-968-2323

HP/http://www.kanassa.jp/

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

宜野座村字漢那1817