沖縄観光情報:ポーポーの元祖!?『楚辺ポーポー』は沖縄のお土産にもおすすめ

ポーポーの元祖!? 『楚辺ポーポー』は沖縄のお土産にもおすすめ

post : 2013.09.26 18:00

沖縄の伝統的なお菓子の一つ「ポーポー」。
小麦粉や卵などを混ぜたものをクレープのように薄く焼き、中にアンダンスー(油味噌)を入れて
クルクル~と丸めたシンプルなお菓子ですが、その元祖では?と言われているのが
読谷村楚辺(よみたんそん・そべ)の「楚辺ポーポー」です。

 

 

楚辺ポーポーの特徴は、ふっくらとした分厚い生地に黒砂糖が練り込まれていること。
また、一般的なポーポーと違って、アンダンスーが入りません。
飽きのこないシンプルでほどよい黒砂糖の甘みがあり、昔から地元で愛されています。

 

 

名前の響きも独特なポーポーは中国の影響を受けて生まれたお菓子ですが、
沖縄全土に広めたのが、この楚辺地域からであったそう。

 

その昔、楚辺地域では旧暦の4月に行われるアブシバレー(虫払い)という
農事の祭典にポーポーを供え、アブシバレーにあわせて行われていた馬ハラセー(競馬)の
見物客に振る舞われたそうで、そこでポーポーが人気となり沖縄全土に広まったと言われています。今

 

でも楚辺地域では旧暦の4月14日と15日に楚辺ポーポーを大量に作って、
親戚やご近所におすそ分けをしているそうですよ!

 

 

 

沖縄読谷村にある”ゆんた市場”にて、
色んな作り手の「楚辺ポーポー」を販売しています。
気軽に購入できるのでお気に入りの楚辺ポーポーを見つけて下さいね!

 

 

沖縄CLIPフォトライター 知念 玲奈(0173)

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information