沖縄観光情報:ゆらりと羽ばたく蝶のように、美しくカッコ良いHABERUの蝶ネクタイ

ゆらりと羽ばたく蝶のように、
美しくカッコ良いHABERUの蝶ネクタイ

post : 2015.02.13 23:00

おしゃれ好きな人に、ぜひ知っていて欲しいブランドが沖縄にあります。
ホタルガラスを使ったハンドメイドアクセサリーメーカー、“ホーセル”が新しく立ち上げた、
メンズアクセサリーブランド“HABERU(ハベル)”です。

ブランド第一弾として誕生したのが、沖縄の自然をイメージして染められた紅型と、
その青さに沖縄の海を思い起こさせるホタルガラスがひとつになった蝶ネクタイ。

紅型の図案から染色、裁断、縫製、仕上げまでを行っている
沖縄生まれの姉妹ユニット“カタチキ”とのコラボアイテムです。

沖縄の古い言葉で“蝶”を意味する“HABERU”。
「花から花へ羽ばたく蝶のように、沖縄の伝統から生まれたものづくりが、
未来へ、全国へ、そしてたくさんの人へ繋がっていくように」そんな願いで名付けられたのだそう。

パーティーシーンだけでなく、普段のおしゃれにもぴったりな蝶ネクタイ。

(上:BOREBOSHI 左:BOUGENVILLEA 右:KIKKOU 全てLEATHERタイプの蝶ネクタイ)

カタチキが図案から染色を行った絵柄は、ひとつひとつ意味を持っています。
“BOUGENVILLEA”(ブーゲンビレア)という赤色の蝶ネクタイは、家々の垣根に咲き誇るブーゲンビレアを表現。

緑色の蝶ネクタイ“KIKKOU”(亀甲)は、亀の甲をモチーフにしたオリジナルの絵柄。
亀の柄は縁起が良いと言われていて、お祝い事によく使われています。

そして、“BOREBOSHI”は、沖縄の古い言葉で群星を意味し、星の柄が描かれています。

HABERUの蝶ネクタイの魅力は柄だけでなく、青々と煌めくホタルガラスもそのひとつ。
熟練の職人が、1点ずつ丁寧に作り上げたホタルガラスは、光に当たればキラリとミステリアスな輝きを見せてくれます。

(CHAINタイプの蝶ネクタイ)

ホタルガラスの装着位置は2パターン。
蝶ネクタイの中心部にチェーンがぶら下がり、そこでゆらりと揺れ動くホタルガラスが美しい”CHAIN”と、蝶ネクタイの中心部に革を使い、ホタルガラスが左端でキラリと輝く”LEATHER”のふたつ。



男女兼用で作られているので、男性だけでなく女性にもおすすめ。

クリップもセットになっているので、髪留めとして使うこともできるんです。


さらに、同じデザインのピンブローチも用意されているので、スーツスタイルで胸元に付けたり、鞄や帽子に合わせたり、蝶ネクタイと合わせてのコーディネートもおすすめ。

あなたのおしゃれアイテムに、HABERUを仲間入りさせてみてはいかがでしょうか。
その抜群の存在感で、おしゃれをより楽しくしてくれそうです。


関連記事 「紅型蝶ネクタイの新ブランドHABERU(ハベル)」

沖縄CLIPフォトライター 松村あかり

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

〜 もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP 〜

Information