沖縄観光情報:牛を当てよう!牛づくしイベント、黒島牛まつり

牛を当てよう! 牛づくしイベント、黒島牛まつり

  • イベント
  • 10
  • Clip

post : 2015.03.01 12:00

石垣島から船で約30分の黒島。

人口は200人ほど。そして、約3000頭もの牛がのんびりしている島です。

 

その黒島に、一年で一番多くの人が訪れるのが、

黒島牛まつりです!

 

毎年2月の最終日曜日に行われ、

23年目となる今年も、2月22日に賑やかに開催されました。

 

黒島で育った牛を味わったり、牛にまつわる多彩なプログラムが催されますが、

イベント一番の目玉は、なんと!

牛がまるまる一頭当たる抽選会!

 

地元住民も、県外の人たちも

みんな牛を狙いに黒島へやってきます。

 

港から歩いて2分ほどの会場に着いたらまずすることは、

抽選券を箱に入れること。

「当たりますように」と充分に祈りながら。

 

 

そしてさっそく、牛を堪能します。

 

 

丸々焼かれるもも肉。


 

牛肉がたっぷり入った牛汁。


 

肉巻きごはん、そして、こちらも黒島の特産であるアーサ(アオサノリ)の天ぷら。

そのほかにも、串焼きやカットステーキ、牛肉コロッケ、アーサそばなどのラインナップ。


 

最後の抽選会で当たる「夢の牛」はこちら。


 

牛のえさ、牧草ロールを転がすレースでは、

6人ひと組で、400kgの干し草ロールを力いっぱい転がします。

西表島からのチームが優勝、賞品としてもも肉1本が贈られました。


 

黒島で1頭のみ育てられているジャージー牛の乳搾り体験も。

この牛からとれたミルクをつかったヨーグルトのふるまいもありました。

 

 

お次は、闘牛との綱引き。

毎年たくさんの人が引きずられています。

 

 

そのほかにも、牛の体重当てクイズなど、たくさんの牛プログラムが行われ、

ステージでは、八重山高校郷土芸能部による舞踊や

県内外で活躍するYoshitoo!、イシワタケイタのライブなどが行われ、会場を盛り上げました。

 

フィナーレはついに、抽選会!

牛だけでなく、自転車や電子レンジなど豪華賞品がそろい、毎年会場は高い熱気に包まれます。

 

 

待ちに待った、夢の牛が入場。

会場は一段とヒートアップです。

 

抽選箱から券が1枚ひかれ…、

見事、牛を手にしたのは!

 

石川県から旅行で訪れた、中屋明さん!

おめでとうございまーす!

 

 

中屋さんは「どうしたらいいものか…」と戸惑っていましたが、嬉しそうな様子。

 

今年も、島の人たちのあたたかい手づくりイベントを

たくさんの人が満喫しました。

 

牛が当選しても飼えない人は、実行委員会が買い取ってくれるのでご安心を。

 

来年こそは牛を当てるぞ!

 

 

黒島牛まつりHP

http://kuroshimaushimatsuri.jp

 

沖縄CLIPフォトライター 笹本真純

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information