沖縄観光情報:島の恵み、島の味25フーチバー

島の恵み、島の味 25
フーチバー

post : 2015.03.04 12:00

(皿/森永竜也)

 

沖縄の代表的な薬草の一つ、フーチバー。

 

フーチバーとは「琉球ヨモギ」のことをいいます。

「フーチ」とは病のことを指し、「バー」は葉のことを指します。

腰痛や神経痛、風邪の引き始め、胃腸炎、冷え性、婦人科系疾患、

産前産後の健康維持など多岐にわたる効能が期待されています。

昔から調子が悪くなると葉を煎じて飲んでいたそうです。

お灸のもぐさにも使用されていることから、

家庭の療法としても食用としても身近な野菜です。

 

本州ではヨモギは主に餅やクッキーなど、お菓子の素材として用いられていますが、

沖縄では薬草、野菜という位置づけで使われています。

風味は本州のよもぎほど強くなく、香り豊かで料理には柔らかい葉先の部分を使います。

天ぷら、ジューシー(沖縄風炊き込みご飯)、ボロボロジューシー(沖縄風雑炊)、

ヒージャー汁、沖縄そばなどとの相性が良いです。

 

ハーブ独特の香りが得意でない子供には、

おやつとして人気なメニューの具材としていれる家庭もあります。

 

今日はそんな沖縄の代表的おやつ、そしてお酒のおつまみにも人気の

「フーチバーのヒラヤーチー」をご紹介。

 

(皿/山田義力)

 

ヒラヤーチーとは、小麦粉を水と卵で溶いたものの中に、

好きな具材を入れて平たく焼き上げたシンプルな家庭料理。

お昼ご飯や、おやつ、お酒のおつまみなど、TPOを問わず喜ばれる一品。


 

家庭によって具材は様々。今回はフーチバーの他に、

桜えび、削り節、お弁当のあまりの豚バラ肉(笑)。

余り物がある時ほどゴージャスなヒラヤーチーが作れますが、

シンプルに野菜と塩だけでも、もちろん美味しくいただけます。


 

うっすらと油をひいたフライパンに、お玉一杯分の生地をゆっくり流し込み、

お玉の裏側を上手に使って薄くのばして丸い形広げていきます。

その後、プツプツと空気が出て来て、裏側が焼けて来たら

フライ返しやお好み焼き用のヘラを使って返します。


(皿/山田義力)

 

きつね色になったら器に盛りつけ、切り込みを入れて、さぁ、召し上がれ。

 

一口食べると、ふわっと広がるフーチバーの香り。

桜えびの香ばしさ、バラ肉のコクもあって、今日のヒラヤーチーは

やっぱりちょっと贅沢な味わいでした。

 

生地の味を薄味にしてナンプラーや、お好みの島の辛み

おつまみ、これ絶対ハマりますよ。

 

お子様からお年寄りまで世代を問わず慕われる一品。

こちらも日頃の体調管理を整える食材として

日常的に取り入れてみてくださいね。

 

 

 

【材料】(4人分)

 

・フーチバー(葉先の柔らかいもの) 適量

・塩

・豚バラ  少量

・桜えび  大さじ1

・削り節  少量

 

・小麦粉 1.5カップ

・卵   1個

・水   1.5カップ

 

 

 

撮影スタジオ、スタイリング/Gallery はらいそ

URL/http://haraiso.gallery/

 

沖縄CLIPフォトライター monobox(河野哲昌、こずえ)

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information