沖縄観光情報:神聖な森の側の洞窟で泡盛を育てる多良川酒造【PR】

神聖な森の側の洞窟で泡盛を育てる多良川酒造【PR】

  • 体験する
  • 25
  • Clip

post : 2015.03.15 20:00

宮古島に来たのならオトーリで酔っぱらってしまう前に、

ひとつ見学して欲しいおすすめの場所があります。

 

宮古島城辺砂川の豊富な地下水が湧き出る恵まれた環境のもと、

昭和23年の創業以来伝統の手技にこだわった多良川酒造。

 

琉球珊瑚礁からできた宮古島には川がありません。

そのため、昔から人々は自然洞井や掘り井戸の事を「川」と呼びました。

多良川とは、上比屋森のふもとから、こんこんと湧き出る伏流水です。


 

宮古島の地質は珊瑚礁が隆起してできた浸透性の高い

琉球石灰岩からできており、雨水は濾過され、

ミネラルを多く含んだ硬質の天然水になります。

この泡盛の仕込み水として最適な水と伝統の黒麹菌が出会って

程よく調和したのが銘酒「多良川」です。

宮古のおおらかな自然が作り出した芳醇でまろやかな味わいは、

飲む人の気持ちもゆったりさせてくれるようです。



 

お酒の成り立ちを知ると、味わいも変わって来るもの。


 

そんな泡盛の成り立ちを見れる無料の工場見学では、

タイ米からアルコール発酵し、

瓶詰めにいたるまでの様子を蔵人が丁寧に説明しながら

間近で見る事ができます。



 

また多良川蔵本より南へ150m、

神聖な場所として崇められているウイピャー森の側の洞窟に、

自分の古酒を木札のメッセージをつけて預けておくことができます。


 

素晴らしい自然に囲まれた洞窟でじっくり育つ泡盛は

数年後に絶妙な味になってあなたを迎えてくれます。

 

優さんの感想

「洞窟までの道のりもコスモスが満開でとても美しくて、

散歩しているだけでも気持ちよかったです。

こんな素晴らしい自然の中でお酒が育つのだと思い、

また宮古に来る楽しみが増えました。

泡盛の成り立ちも間近で見れて、とても勉強になりました!

蔵本さんの熱い思いが伝わってきました」

 

宮古島で暮らす様に巡る、ゆったりとした旅。

体験したくなったらこちら → http://www.miyakojima-style.jp/yukuru/

 

 

株式会社 多良川 本社

住所/沖縄県宮古島市城辺砂川85 

電話/0980-77-4108

 

沖縄CLIP編集部

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

沖縄県宮古島市城辺砂川85