沖縄観光情報:僻地?に佇む大人の隠れ家空間…『caféPIPINEO』が奏でる手作りの“洗練”

僻地?に佇む大人の隠れ家空間…『café PIPINEO』が奏でる手作りの“洗練”

  • 味わう
  • 144
  • Clip

post : 2015.04.07 21:00

沖縄本島中部東側、うるま市は天願川沿いの、畑と海と漁港施設以外何もない河口付近。観光客はもちろん、地元の人も、確たる目的が無ければ訪れることも無さそうな僻地?に、“ウワサのカフェ”があると聞きました。

 

カーナビさえ心もとない案内で辿り着いたのは、夜は絶対に近づきたくないような、東海岸特有の“荒れ野”…。「本当にこんな所にカフェがあるの?」と、はっきりと不安を覚えるほど、人影どころかクルマ(写真は筆者のクルマ)も一切見当たりません…。


 

と、ふと脇を見ると、遠目には何てこともなさそうな、それでいて明らかに周りとは違った“洗練”を予感させる、白塗りの“ハコ”が、忽然と視界に入ります。“隠れ家空間”『café PIPINEO(カフェ ピピネオ)』。その佇まいは、周囲に溶けこみ、全く違和感を覚えないから不思議です。


 

全てがオーナ-の手作りというだけあり、ガーデンやエクステリアなど、外観からは温もりが伝わってきます。そして、重厚な木造ドアを開くと、そこは別世界…。


 

まず、“明るい!”。窓が多く自然光がたっぷり差し込むメインスペースの印象です。清潔感と開放感に満ち、“居心地の良さ”を直感させてくれます。


 

16畳程のメインスペース(写真)を含めた約40席の店内に、テーブルや棚など、ソフィスティケートされたインテリアや室内観葉植物が、ほとんど完璧といって良い配置で並べられ、ミニマルな世界観を形成しています。窓際や棚の上など、店内あちこちに配置された小さな植木や雑貨たちも、気持よく空間を埋め、どこを切り取っても絵になります。


 

と、素敵な雰囲気だけでもお腹いっぱいになってしまいそうですが、もちろんそれだけではありません。お店同様に全て手作りの料理やデザートも豊富。「イカスミカレー」や「鶏のトマトビネガーソース」など、いずれも魅惑的なメニュー名で、食欲をそそります。

 

5種類からメインを選べるランチは、いずれも甲乙つけがたいのですが、完全オリジナルな「三枚肉と軟骨ソーキのわさびソース」(1,180円税込)は、一度食べたら忘れない逸品です。トロっトロ軟骨ソーキのソテがまとう、パリっパリの焼き衣。それを覆うのは、“わさび”という思いもよらない和のエッセンス…。沖+和+洋のハーモニーが、唯一無二の“作品”として昇華されています。

脇を固めるメンツも見事です。しっとりもちもち食感の自家製パンは、野菜数種類たっぷりのコーンスープと一緒にいただきましょう。全体、あっさり目な味付けですが、上品な風合いが口の中に広がり、食後はしばし幸せの余韻にひたれます。


 

もう一つ、毎日焼き立てをいただける「シナモンロール」(写真右/単品300円税込)も、オーナー自慢の一品。フワフワ&トロトロ食感は、隠れた定番で、もちろんテイクアウトも可能です。他にも、料理・スイーツともに、メニューは粒ぞろい。いずれもハズレなしと断言できます。


 

口コミで広がった、うるま市のちょっと素敵な隠れ家空間。ウワサに違わぬ、いやそれどころか、装飾・雰囲気・味、あらゆる点でウワサをはるかに凌ぐ、全方位的に高いクオリティは脱帽もの…。数ある沖縄のカフェでも、屈指のレベルと言えるでしょう。アクセスこそ簡単ではないですが、訪れる価値は大いにあり。大満足を保証します。


 

 

 

 

café PIPINEO(カフェ ピピネオ)

住所/沖縄県うるま市赤野230-1 

電話/098-974-1727

営業時間/11:00~17:00

定休日/無休

P/あり

blog/http://pipineo.ti-da.net

 

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

 

 

▼関連URL:

いま注目のうるま市石川曙カフェストリートで1番NEWフェイスなカフェ!

海好きなオーナーが営む海が望める外人住宅CAFE

Soupçon beach side cafe

 

 

 

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

 

 

 

Information

沖縄県うるま市赤野230-1