沖縄に関するユーザーのおすすめ:海や陶芸のほか読谷山花織、紅型が楽しめる読谷村のグルメ5選

海や陶芸のほか読谷山花織、紅型が楽しめる読谷村のグルメ5選

読谷村は沖縄本島の中部に位置しています。村としては日本一の人口を誇っていて、村内には貝塚遺跡などがあり歴史のあるところです。陶芸窯は村内に50ヶ所あって沖縄屈指の数になっているほか、廃瓶を再利用する沖縄ガラスの工房もあります。また色糸で織り成す幾何学模様が美しい読谷山花織、顔料を使って染め上げる紅型の工房もあります。観光では読谷村は沖縄でも知られたダイビングスポットです。水中にまで要項が届く透明度の高い海とサンゴの間を群れ遊ぶ熱帯魚が壮観な眺めです。そんな読谷村で味わえるグルメ5ヶ所をご紹介しましょう。

  • 投稿者ニックネーム:もんく♂
  • 居住地:埼玉県
  • 年齢:58歳

1

【dechibica】

読谷の地元で愛されているカレーとカフェの店、dechibicaは10種類以上のスパイスを使用して3日以上熟成させた手間暇をかけたカレーが自慢です。マイルドチキン、アボガドなど常時6~7種類のカレーが用意されていてハーフ&ハーフのセットをオーダーすればこのうち2種類の味が楽しめます。子供向けのカレーもあって家族で食事を楽しめるのも魅力です。国道58号線、読谷道路と県道16号線が交差する先のリバーサイドマンション1階にあります。

2

【都屋笑菓】

サーターアンダギー、アガラサー、黒糖のくずもちや読谷の銘菓、楚辺ポーポーといった沖縄菓子が味わえる店が都屋笑菓です。国道58号線を那覇市方面から南下し、伊良皆交差点から県道6号線に入ったJAの先の海よりのところにあります。ドライブの途中、観光などで立ち寄ると女性らしい明るくカラフルな店構えと店内が迎えてくれます。畳敷のベンチに座り味わう沖縄菓子もおつなものです。

3

【水円】

読谷村の座喜味の一角、大きなガジュマルの木のたもとにある古民家風の店が天然酵母のパン工房&カフェの水円です。その古風な佇まいとは裏腹に店内に入ると外国のおとぎ話に出てきそうな異国情緒たっぷりの雰囲気と香ばしいパンの香りが漂ってきます。店の外にはロバが1頭、いずれロバが引くパン屋さんをやりたいという店主の希望があるそうです。石臼でゆっくり挽き甘味をました小麦粉に天然酵母を加え、自家製の石窯で焼き上げたパンはどれも独特の美味しさを味わわせてくれます。

4

【海人食堂 いゆの店】

読谷村の漁業の中心地である都屋漁港は水揚げ年間1億円という読谷の魚介類を扱っているところです。この読谷村漁業協同組合が運営する海人食堂いゆの店は都屋漁港沿いにある海の家風の造りの食堂です。都屋漁港で水揚げされる魚介類を材料とした新鮮な料理を提供しています。直売店も兼ねている店内では、お持ち帰りの購入も可能です。注文を店内でしたら食事は店の外にあるテーブル席で港の風景を楽しみながらすることができます。海鮮丼やマグロカツ丼がおすすめメニューです。

5

【残波邸】

海の絶景を見ながら食事やカフェを楽しめるポイントといったら読谷の東海岸、瀬名波にある残波邸です。週末のみという限られた営業にも関わらず、観光客らで賑わっています。元々は海を眺めるために崖沿いに建てられた一般の家ですが、眺望を観光客にも楽しんでもらいたい、とカフェをオープンしました。時間によって表情を変える海と空のコントラストを眺めながら至福のひと時を過ごせる空間になっています。

みんなのコメント

あなたのおすすめを教えてください!

沖縄の観光や旅行プランに役立つような、とっておきのおすすめ情報を是非投稿してください!

【ご利用に際しての注意事項】
1: この「みんなのおすすめ」に掲載された情報は、ユーザーの皆様から投稿いただいたものについて、
    多くの皆様のお役に立つと思われるものを選択し掲載しております。
2: 掲載については、編集部で内容を確認しながら掲示しておりますが、その内容の正確性などを全て確認している
    ものではございませんので、予めご了解ください。
3: ご利用に際しては、この注意事項と合わせて、こちらの利用規約も合わせてご確認・ご了解ください。
4: 万一内容に疑義や権利侵害などの疑いがあり、掲載中止などのご要望がある場合は、こちらまでご連絡ください。