沖縄観光情報:沖縄定番グルメタコス&タコライスおすすめ7選元祖に塩タコス!

沖縄定番グルメ タコス&タコライスおすすめ7選 元祖に塩タコス!

  • おすすめ
  • 63
  • Clip

post : 2022.11.05 20:00

沖縄の名物料理、定番グルメといえば「タコス」に「タコライス」。最近は本土で味わえるお店も増えてきていますが、やはり本場で食べたい! 沖縄には米軍基地があることや南米への移民が多かったことから、本場のメキシカンフードが味わえるお店がたくさんあるんです。今回は、沖縄本島にあるオススメの「タコス」と「タコライス」の人気店、有名店を紹介します。
 

1.マース(沖縄の塩)を使った塩タコスが人気「LUCKY TACOS」(那覇市)



「タコス」と「タコライス」

「マース」と呼ばれる沖縄の塩を使ったタコスが人気のお店が、那覇市の平和通りに入ってすぐの2階にある「LUCKY TACOS(ラッキータコス)」。タコスはサルサソースが一般的ですが、こちらでは、素材本来の香りや食感を楽しむため、ミネラルが多く含まれたマースをかけていただく「元祖塩タコス」を提供。ミネラルが多く含まれた沖縄の塩は、タコスの旨味を引き出してくれます。

タコライス

お店の一番人気は、タコライスも同時に味わえる「ラッキータコスセット」。タコライスは、辛さゼロの自家製のサルサソースをかけていただきます。タコス、タコライス共にトッピングが可能で、イチオシはシークヮーサー(夏季限定)やアボカド。ボリュームを増やしたい場合はミートやチーズの追加トッピングがおすすめ。

■「LUCKY TACOS」の詳細はこちら
タコスは沖縄の塩で! 元祖塩タコスが食べられる「LUCKY TACOS」(那覇市)



2.独特なシェルの食感がクセになる「SENOR TACO」(沖縄市)



タコス

1954年創業の“日本初のショッピングセンター”と名高い沖縄市のプラザハウス ショッピングセンターにある老舗のお店が「SENOR TACO(セニョール ターコ)」。ハードとソフトのハイブリッドとでも評すべき独特なシェルの食感で、アツアツ揚げたての外側はサクっと&パリっと歯ごたえ十分。そして、具と接する内側はふっくら&モッチリ、ソフトな舌触り。このオリジナルの「やわらカタさ」は、他では決して出会えません。

トルティーヤ+ゴハン+ハッシュドポテト(×2)&サラダの「インチラーダ」

他にも、メキシカンなアイテムが多数ラインナップ。トルティーヤ+ゴハン+ハッシュドポテト(×2)&サラダの「インチラーダ」は、何と言っても主役の存在感が絶大。もっちり食感に包まれた目一杯のタコミートとオリジナルソース、そして溢れんばかりのとろとろチーズで、見た目も胃袋も大満足確実。タコライスとはちょっと違うけど、こちらもおすすめです!

■SENOR TACOの詳細はこちら
独特食感のタコスで30年以上愛される『SENOR TACO(セニョール ターコ)』(沖縄市)



3.“元祖”タコライス発祥の地にある「キングタコス 金武本店」(金武町)



通称キンタコの「キングタコス 金武本店」

アメリカンカルチャー色が濃い金武町(きんちょう)に本店を構える通称キンタコ、「キングタコス 金武本店」。メキシコ国旗カラーがベースの店舗デザインは、緑が野菜、白がライス、赤が挽肉、そして黄色でチーズを表現!こちらは、正真正銘タコライスの“元祖”のお店です。

定番の「タコライスチーズ野菜」

定番の「タコライスチーズ野菜」には、シャキシャキ新鮮レタスに甘みのあるトマト、保存料を一切使用していないこくのあるタコミート。濃厚なチーズはオーダーメイドの特注品。そしてライスは、こしひかりにこだわっています。これらが、容器いっぱいに盛り付けられていてボリューム満点。そして原点である看板メニュー「タコス」は、他店とは一線を画す食べやすさ。タコライスを食べるならキンタコは外せません。

■キングタコス 金武本店の詳細はこちら
正真正銘の“元祖”! タコライス発祥の地『キングタコス 金武本店』



4.リピーター続出のタコス専門店「メキシコ」(宜野湾)



タコス

宜野湾(ぎのわん)市にある名店「メキシコ」。メニューは「タコス」の一種類のみです。揚げているのにモチモチっとしたトルティーヤや一度食べるとやみつきになります。昔ながらの瓶に入ったコーラと一緒に味わうのも格別。

宜野湾(ぎのわん)市にある名店「メキシコ」の店内

レトロな異国情緒漂う店内には、大人なジャズソングが。先代の想いを受け継いだ、ここにしかない味を求め世代や職業を超えて様々な人が訪れる観光客にも人気のお店です。

■メキシコの詳細はこちら
老舗のタコス専門店メキシコ(宜野湾市)



5.“元祖”沖縄タコス! コザ名物「チャーリー多幸寿」(沖縄市)



チャーリー多幸寿

沖縄市コザのパークアベニューで昭和の面影を残す「チャーリー多幸寿(たこす)」は、1956年創業の老舗店。観光客や外国人から、半世紀以上に渡り、愛され続けてきた老舗中の老舗です。キャッチフレーズは、ずばり“沖縄で最初のタコスの店”。

タコス

創業者のチャーリーさんが生み出したという、モチモチのトルティーヤはとうもろこしと全粒粉の絶妙なバランス。定番のビーフタコス以外にもチキンやツナ等あり、さまざまな味わいを楽しむことができます。島唐辛子を使ったちょい辛の特製チリがそれぞれの素材を引き立てる「オリジナルソース」もお試しあれ。

■チャーリー多幸寿の詳細はこちら
正真正銘の“元祖”沖縄タコス!コザ名物「チャーリー多幸寿」



6.本格メキシカン居酒屋「BORRACHOS」(那覇市)



那覇市のパラダイス通りにある「BORRACHOS」(ボラーチョス)の店内

那覇市のパラダイス通りにある「BORRACHOS」(ボラーチョス)は、本格的なメキシカン料理が味わえるレストラン。陽気なサルサが流れるポップでカラフルな店内は、まるでメキシコに来たような雰囲気。

ナチョス

沖縄の食材をうまく組み合わせた、メキシカンそばやタコライスを味わうことができます。島らっきょうとメキシコのサボテンを使ったサルサソースなど、琉球の食材とメキシコの食材がコラボレーションした個性的なメニューも魅力。

■BORRACHOSの詳細はこちら
国際通りからすぐの本格琉球メキシカン「BORRACHOS」



7.沖縄のB級グルメの新星、オムタコが味わえる「きじむなぁ」(恩納村)



タコライスとオムライスのハイブリットメニュー「オムタコ」

タコライスとオムライスのハイブリットメニュー「オムタコ」は、沖縄のB級グルメの新星。スパイシーなタコミートと、トロトロの半熟玉子が絶妙に絡んで、絶妙のハーモニーが味わえます。カリッカリにりゃいたベーコンとアボカトを添えて召し上がれ。

タコライス

新鮮なトマト&キャベツに、濃厚なチェダーチーズとスパイスソースがバランスよく絡んだ定番のタコライスも絶品です。

2003年のオープン時はダイヤモンドビーチ前にお店がありましたが、2021年2月に恩納村(おんなそん)小学校のすぐ隣に移転。店名の由来となった沖縄の伝説に登場する樹木の精霊「キジムナー」が迎えてくれます。(下記リンク先記事中の店舗写真は移転前のものです。)

■きじむなぁの詳細はこちら
沖縄B級グルメ界の重鎮!奇跡のふわトロ食感「オムタコ」


スパイシーでおいしい「タコス」や「タコライス」は、沖縄のソウルフード。沖縄B級グルメの定番でもあります。沖縄を訪れたら一度は食べたいこの2品ですが、お店がいっぱいありすぎて迷ってしまいますよね。今回ご紹介したお店はどれも地元客が通う人気店で間違いなし。お店によっていろいろな味わいを楽しむこともできるのでぜひお気に入りの味を見つけてみてくださいね。

※それぞれのスポットの情報は取材当時のものです。
 最新の情報につきましては、公式サイト等でご確認ください。


沖縄CLIP編集部

関連記事
・【沖縄】おいしい肉料理が食べられる人気店12選
・ブエノチキン浦添は、沖縄で大人気のグリルチキンのお店!
・名実ともに那覇ハンバーガーの一丁目一番地『Maverick(マーベリック)』!


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

初回投稿日:2015年4月7日  最終更新日:2022年11月5日

Information

沖縄県庁