沖縄観光情報:沖縄の海のエッセンスを届けたい。「禊月-KEIGETSU-」新月の塩シリーズ

沖縄の海のエッセンスを届けたい。「禊月-KEIGETSU-」新月の塩シリーズ

post : 2022.01.06 21:00

月に一度訪れる新月の日、地球と月と太陽は一直線に並び、太陽が月の後ろ側に重なることで月明かりがなくなります。ここから少しずつ月がふくらみ、満月になってからまた少しずつやせて新月に戻る巡りの中で、新月は月齢ゼロとされることから、物事を始めたり、浄化をするのに良い日とされています。

そんな新月のはじまりのエネルギーを多くの人に感じてほしいと生まれたブランド「禊月-KEIGETSU- 」は、沖縄の離島 石垣島で新月の日に採取した海水を煮詰めた塩と、この塩をすべての商品に配合したデイリーケアグッズのシリーズです。


「禊月-KEIGETSU- 」
(写真提供:有限会社キャプテンリゾート)

ブランド名である禊月という言葉は、旧暦の3月の別称です。女性たちが海に入り、心身を清める『浜下り』行事が旧暦の3月3日に行われることから、このように呼ばれています。

創設者の近藤哲司さんは、長年海の仕事に携わるなかで、沖縄の海に癒され元気を取り戻す人をたくさん見てきました。

「目の前で元気になっていく人の笑顔と、太古の昔から塩の浄化力が信じられ盛り塩や浜下りなどのかたちで暮らしに取り入れられてきた風習が、自分の中で重なりました。そこで、こうした海の力や塩の力を、沖縄の海から離れている間も感じて欲しいという願いをこめて、禊月という名前をつけました。」

禊月のラインナップに使われている新月の塩は、石垣島の名蔵湾の海水からつくられた「石垣の塩」のもの。


名蔵湾
(写真提供:有限会社キャプテンリゾート)

名蔵湾は、石垣島の南西部に広がる島内最大の湾です。珊瑚礁が豊かに育ち、魚や海藻、貝などがよく採れることから、昔から食物採取の場として島民に親しまれてきました。


湿地・名蔵アンパル
(写真提供:有限会社キャプテンリゾート)

名蔵湾ととなりあわせの湿地・名蔵アンパルはラムサール条約で保護指定されている貴重な場所。マングローブが随所に自生し、八重山諸島特有の野鳥や渡鳥が餌場とするなどたくさんの動植物が息づいています。


名蔵湾
(写真提供:有限会社キャプテンリゾート)

源流には緑豊かな山と森。
名蔵湾には、石垣島の山・川・海で育まれたさまざまな恵みが集結しています。


「KEIGETSU-新月の塩」
(写真提供:有限会社キャプテンリゾート)

名蔵湾の海に集まった石垣島の恵みを新月の日に採取し、そのまま煮詰めた希少塩「KEIGETSU-新月の塩」は、海のパワーをストレートに感じられる品。粗く大きな結晶を口に含むと、ガリッとした食感とともに潮の香りと力強い塩味が広がります。しばらくして舌の上に残るのは、やさしく濃厚なまろやかさ。食用としてはもちろん、お清めの持ち塩や盛り塩にも使うことができます。


「バスボム」
(写真提供:有限会社キャプテンリゾート)

“塩をバスソルトとして使っている”というお客様の声からヒントを得た「バスボム」は、新月の塩に温泉成分を配合して完成しました。湯船に沈めるとシュワシュワ溶けて、シークヮーサー精油の爽やかな香りが広がります。とろりとした保湿力につつまれながら、沖縄の海を全身で感じられる商品です。


石けんやはみがき、モイストゲルなどのデイリーケアシリーズ
(写真提供:有限会社キャプテンリゾート)

このほか、石けんやはみがき、モイストゲルなどのデイリーケアシリーズも。モイストゲルでは、塩に含まれるマグネシウムが皮膜の形成や配合された保湿成分を閉じ込める働きをサポートします。すべての商品が着色料・防腐剤・合成界面活性剤不使用と、自然をなるべくそのまま届けられるよう配慮されています。

心を落ち着かせたいときや、すっきり浄化したいときの禊アイテム。沖縄には、「禊月-KEIGETSU- 」があります。


「禊月-KEIGETSU-」新月の塩シリーズ
HP/http://www.keigetsu.biz/
※取り扱い店舗はウェブサイトにてご確認ください。


原稿:松田藍、編集:浅倉彩


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県