沖縄観光情報:思いを伝える島ぞうり「マキノコ製作所」のサイトウマキさん

思いを伝える島ぞうり「マキノコ製作所」のサイトウマキさん

post : 2013.10.25 12:00



「島ぞうり」とは、ビーチサンダルの沖縄での呼称。
その表面にさまざまなイラストを彫っているのが、
「マキノコ製作所」のサイトウマキさん。

そもそも島ぞうりは、戦後、米軍からでた大量の廃タイヤを
利用するために作られたゴムぞうりが、安くて丈夫だったために
たくさんのひとが履くようになったのだとか。

安くて、とはいっても大切なもの。
島ぞうりを履いている人はたくさんいたので、
出かけた先で、他の人のものと間違えたりしないように、
お線香で少し焦がして、自分のもの、
という印をつけたりしていたそうです。




そんな文化があったからなのか、前職の
オリジナルのTシャツを作る会社に勤めていた際、
Tシャツ以外の素材でデザインを活かせないかと考え、
この島ぞうりに目をつけたそうです。

「島の人が愛着を持っているもので仕事ができているのがうれしい」
と、語るのは移住してきて20年になるサイトウさん。そ

れからは島ぞうりの専門店として独立。
いまは読谷村古堅(よみたんそん ふるげん)で、
外人住宅を工房兼店舗として活動しています。
好きなものなら何でも、とさまざまモチーフでデザインを考案。
お店ではその中から好きなものを選んだり、デザインをオーダーすることも可能。
家族分のお土産にしたり、結婚式の引き出物にする人もいるのだとか。



青、赤、黄色に緑、それぞれは単色なのに、
なんとも表情豊かな島ぞうりたち。
沖縄に来た思い出や、プレゼントに、
特別な1足をオーダーしてみてはいかがでしょう?
でも、ちょっと履くのがもったいなくなってしまいそうですね。




マキノコ製作所
沖縄県読谷村古堅200番地 #132
営業日/木〜土曜日
営業時間/12:00〜18:00※臨時休業あり。
電話/098-956-3963

沖縄CLIPフォトライター セソコマサユキ

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

沖縄県読谷村古堅200番地