沖縄観光情報:沖縄離島クロッキー

沖縄離島クロッキー

post : 2015.07.29 21:00

 
今年は、離島の取材が多い。2月に宮古島(&伊良部)、5月に伊江島、先月は座間味島で、今月は渡嘉敷島(のはずだったけど、台風12号で8月に延期になったけど)。さらに下半期もすでに3つ4つ予定がある。

 
離島は大好物。どこの島にも、本島とは別次元のanother worldが現存している。その素朴な暮らし、古き良き世界観に魅了されて、東京から沖縄に移住してきたようなものだ。までも、仕事を考えると那覇にいざるを得ないんだけど。

 
沖縄と出逢って約10年。有人離島48のうち40は制覇した。どの島も、毎回行く度に違った感慨がある。季節やその時の自分の気持ちによっても、新しい表情を見せてくれる。

 
そんなわけで今年訪れた離島の(“今年の”)思い出を、思い立った順に、ちょっとづつ綴っていこうと思う。題して[離島クロッキー]。本記事では拾え切れなかった(というか記事にまではできなかったコ)ネタを、ちょろちょろっと、素描(=クロッキー:[仏]croquis)。いずれもガイドブックには、あまり露出されないような情報なので、観光客の皆さんには、案外使えるクロッキー帳になるかもね。逆に。

 
そんなわけで、第一回の今回は、つい先月末に行った慶良間(けらま)諸島の「座間味(ざまみ)島」。ま、『古座間味ビーチ』の記事は書いたけど。その他、『高月山展望台』などのド有名スポットは、どこか別の観光サイトにお任せして。島をぼんやり歩いてる途上、「あ」と、OkiNAwamuにCLIPされる、素敵な3つと出逢った。

 
まずは宿。『癒しの宿 久志(くし)』。阿佐集落にある、島唯一となる古民家宿。背の高い鎮守のフクギ並木を抜けると、ひっそりと姿を現す。築58年。重厚な佇まいは否応なく歴史を感じさせる。庭には、通年で、そして気まぐれに花を咲かせるブーゲンビリアが美しい。裏にはマンゴーやパパイヤも植えられ、熟れて落ちたタイミングが合えば、いただけるらしい。そして何よりの目玉は、オーナー高江洲さんによる自家製ヒノキのお風呂。残念ながら、この時はたまたま修理中だったんだけど、今はしっかり稼働しているみたい。



(お風呂の写真/癒しの宿 久志)

 
お次は展望台。ま、この島には有名ドコロが5つもあるんだけど、全く知られてない無名が一つ。『稲崎(ンナザチ)展望台』と『女瀬の崎(ウナジノサチ)展望台』の間にある『ニタ展望台』(と言うらしい。というか、どうも下の海岸をニタと言うらしい)。道すがら、ひっそりと、ある。看板も何もなく、存在感皆無。だからこそ、穴場(か)。まあ展望台からの眺めはダメダメなんだけど、目の前に小道とやらがあって、そこを少し降りれば、絶景らしい(その道は見つけられなかった)。それでも、すぐ斜め前の路側帯から見下ろす景観はなかなか。

 
そして、一番のお気に入りは、唐馬(トウマ)にある『イノーの浜』。はっきり言って、ここはマジにヤヴァイ。本当は教えたくないんだけど。
 
場所は、久岳林道(くたきりんどう)、東の最終地点。行き止まりにクルマを停めて、少しばかりモクマオウの林を歩くと、突然広がるTHE RAKUEN…。誰もいない&何もない。ひたすら天然の真っ白い沙浜が、ただただ広がる。数km先の半島やら無人島やら、慶良間諸島ならではの、メリハリある海景色にもうっとり。離島のさらに最果ての地に来たような、得も言われぬ寂寥感。もう、ただ、そこにいるだけで満たされる。昔の沖縄ってどこもこんな感じだったんだろうなあ。
 
 
 
 
ということで、不定期シリーズ[離島クロッキー]第一回。座間味島で出逢った3つのとっておき。次回は、伊江島あたりを書こうかな。
 
 
 
沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)
 
▼関連記事:
フォトライターズダイアリー 061 小川研編
フォトライターズダイアリー 051 小川研編
フォトライターズダイアリー 043 小川研編
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
 
 
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information