沖縄観光情報:【リトハク×沖縄CLIPコラボ】世界に誇るケラマブルー!国立公園・慶良間諸島で安心ダイビング〔PR〕

【リトハク×沖縄CLIPコラボ】世界に誇るケラマブルー! 国立公園・慶良間諸島で安心ダイビング〔PR〕

  • 体験する
  • 19
  • Clip

post : 2015.08.26 15:00

慶良間(けらま)諸島は、那覇市の西方、30〜40kmの東シナ海上に点在する大小20余りの島からなります。2014年3月5日(サンゴの日)、27年ぶり31番目となる国立公園に慶良間諸島が指定され、これまで以上に注目が集まっています。何と言ってもその魅力は、海。

 

国立公園に指定された慶良間諸島

 

見てください!この目が覚める様なディープな青のグラデーション…。「ケラマブルー」と呼ばれるこの美しい海域は、世界トップクラスのダイビングエリアとして知られています。その素晴らしさを体感するには、やはり潜るのが一番。ライセンスのない方でも体験コースがあるので、ぜひトライしてみましょう!

 

渡嘉敷島の老舗ダイビングサービス『ウォーターキッズ』に事前予約の上、当日は受付を済ませ、ダイビングボートの停泊する阿波連港(あはれんこう)へ。船上で、器材やタンクをセットしつつ、いざ出航です!

 

阿波連港から出航!船上でスタンバイ

 

慶良間諸島海域は、100以上ものダイビングポイントが点在しています。バリエーション豊富な地形に始まり、砂地、サンゴや魚の種類&数、そして透明度の高い水質…と、およそダイバーのニーズを全て満たす、優れたロケーションを誇ります。

 

そのうちの一つ、渡嘉敷島周辺にも魅惑のポイントが数多くあります。その多くは、(ノンライセンスでもOKな)体験ダイビングの未経験者や、まだ本数をこなしていない初心者、またブランクのあるダイバーでも安心して潜れる「白砂メイン+珊瑚」というゆったりとした構成です。いずれもボートで15分圏内と、移動の負担が少ない点も嬉しい限り。

 

渡嘉敷島周辺にも魅惑のポイントが数多くあります

 

出航後、程なくして人気ポイントの一つ、「トカシク湾内」に到着。器材&タンクを背負って、いざエントリー!世界屈指の美しさを誇る、ケラマブルーの下には、果たしてどんな世界が広がっているでしょう!?

 
この続きは、沖縄離島博覧会【リトハク】のWebサイトでご紹介しています。こちらからご覧ください。 
http://ritohaku.okinawastory.jp/15islands/5653/

 

ウォーターキッズ
住所/沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連178
電話/098-987-2206(リーフイン国吉) 
Webサイト/http://kerama.jp
 

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

[この記事は、沖縄観光コンベンションビューロー様が運営する【リトハク】のスポンサード記事です]

Information

沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連178