沖縄観光情報:小腹が空いた時に食べたい!食べ歩きできるテイクアウトグルメ4選

小腹が空いた時に食べたい!食べ歩きできるテイクアウトグルメ 4選

  • おすすめ
  • 41
  • Clip

post : 2015.09.04 12:00

小腹が空いた時に食べたい!食べ歩きできるテイクアウトグルメ

観光中「どこか飲食店に入って食べる程ではないけれど、何となく小腹が空いてしまった」ということってありますよね? 夕飯の時間まであと数時間…それまで我慢しようと思えば出来るけれど、できれば何かつまみたい。今回はそのような時にぴったりの、食べ歩きができるテイクアウトグルメをご紹介します。

①沖縄限定「スイートポテりこ」は熱々、ホクホク

食べ歩きを楽しむのにぴったりな那覇市「国際通り」。お土産屋さんや飲食店が約1.6kmにわたって連なり、毎日多くの観光客で賑わいます。そこで、国際通りを歩く際にぴったりのテイクアウトフードを2つ続けてご紹介します。

カルビープラスおきなわ

1つめはカルビーのアンテナショップ『Calbee+OKINAWA(カルビープラスおきなわ) 』。こちらでは、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは手に入らない商品や地域限定物が手に入ることから、多くの観光客が立ち寄ります。ここへお立ち寄りの際は、紅芋とさつまいもを使用している「スイートポテりこ」がおすすめ。

スイートポテりこ

店頭で揚げたてなので、いつでも熱々を食べることが出来ます。外はサクッ、中はホクホクで、紅芋の豊かな香りが広がります。ぜひ♪

熱々ホクホク

Calbee+OKINAWA(カルビープラスおきなわ)の詳細情報

住所/沖縄県那覇市牧志3-2-2
Calbee+OKINAWA(カルビープラスおきなわ)の詳細情報はこちらから>>

②やっぱりサーターアンダギーは外せません!

沖縄名物のひとつでもあるサーターアンダギーは、滞在中に外せませんよね? サーターアンダギーを扱うお店は多く、それぞれ大きさや味、食感が異なるので、食べ比べをするのも面白いかもしれません。国際通りから歩いてすぐ、第一牧志公設市場の向かえにお店を構える『琉球菓子処 琉宮(りゅうぐう)』では、プレーンの他に黒糖、ココナッツ、黒ゴマきなこなど、なかなか他では食べられないフレーバーが揃っています。

琉球菓子処 琉宮(りゅうぐう)

こちらはサーターアンダギーにココナッツをトッピングした商品。外はサクサク、中はフワフワでしっとり。そしてシャキッとしたココナッツの食感が良いアクセントになっています。揚げてあるのに油っぽさはなく胃にもたれません。

ココナッツのサーターアンダギー

一口サイズの「ちっぴるー」は小さなお子様でも食べやすく、こちらも人気です。味は4種類あるので、お土産にもいかがですか?

一口サイズのちっぴる

琉球菓子処 琉宮の詳細情報

住所/沖縄県那覇市松尾2-9-14
電話/098-862-6401
琉球菓子処 琉宮の詳細情報はこちらから>>

③ミルク感たっぷりのフレンチトースト

那覇空港から車で約15分の瀬長島(せながじま)。沖縄県産の食材を中心としたグルメ・スイーツショップやメイド・イン・沖縄のジュエリー・クラフトショップなどが集まる商業施設「瀬長島ウミカジテラス」が今年の8月1日にオープンしたことから、今、沖縄で最も注目されているスポットのひとつです。

瀬長島369カフェ

そんな瀬長島の入口に去年の4月にオープンした『瀬長島369カフェ』はフレンチトースト専門店です。全ての商品にミルクを使っていることから「369(ミルク)」としたのだそう。イートイン・テイクアウトどちらも可能なので、店内でゆっくり食べながら過ごすのも良いですし、テイクアウトして近くのビーチでエメラルドブルーの海を眺めながら味わうのも良さそうですね。

ミルクチーズフレンチ

ベリーソースと特製のミルクジャムがかかった「ミルクチーズフレンチ」、そして抹茶と県産の紅イモが味わえる「紅イモ&抹茶フレンチ」は特に観光客から人気だそうです。程良い大きさにカットされたフレンチトーストがカップに入っているので、手も口も汚さず食べやすくなっています。

紅イモ&抹茶フレンチ

瀬長島369カフェの詳細情報

住所/沖縄県豊見城市瀬長174
電話/098-987-7369
瀬長島369カフェの詳細情報はこちらから>>

④ 体に優しいホットドッグ

最後は、おいしい無添加ソーセージを挟んだホットドッグをご紹介しましょう。 沖縄県浦添市(うらそえし)の浦添運動公園近くにお店を構える『プカプカプーカ』は、県産の豚肉を100%使用し、化学調味料や添加物は一切使わないソーセージやベーコン、ハムの専門店です。

プカプカプーカ

余計なものが入っていない安心安全な商品は県内外問わず人気があり、贈り物としても大変喜ばれているそうです。素材の美味しさが引き立つソーセージは1本ずつ手作業で丁寧に詰め、結んでいきます。

1つ1つ丁寧に作られるソーセージ

テイクアウトの人気は、ホットドッグにドリンク、もしくはスープのついたセットメニュー。ホットドッグは定番のほかに、ピリッと辛いチリドッグと月替わりのメニューもあります。フワフワのパンに挟まれているのはパリッとした食感のソーセージ。噛みしめると口の中でジワジワと旨みが広がります。お店の外にはテーブルとベンチが用意されているので、熱々のうちに頬張るのも良いかもしれません♪

ホットドッグ

プカプカプーカの詳細情報

住所/沖縄県浦添市仲間1-2-2 コーポ西原105
電話/098-911-6043
プカプカプーカの詳細情報はこちらから>>



小腹が空いた時にぴったりの沖縄テイクアウトグルメをご紹介しました。いろいろ味わいたい方は、お昼ごはん代わりに軽食のハシゴをするのも良いかもしれませんね。



◎ テイクアウトグルメはこちらでも紹介しています。




沖縄CLIP編集部


沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

 

Information