沖縄観光情報:ヤンバルクイナに会える!やんばるの「ヤンバルクイナ生態展示学習施設」

ヤンバルクイナに会える!やんばるの「ヤンバルクイナ生態展示学習施設」

post : 2013.11.22 12:00

ヤンバルクイナ

ヤンバルクイナは1981年新種としてやんばる(山原)と呼ばれる沖縄本島北部で新種と確認されたクイナの一種。
世界でもこの地域にしか生息せず、1982年には国指定の天然記念物に指定されています。

体調は35cm、体重は350〜500g程度。森のなかや草地、畑の周辺に生息し、生息地内を縫う県道をドライブすると、道を横断するヤンバルクイナにばったり出会うなんてことも。

ヤンバルクイナ


マングースや捨てネコなどによる捕食が原因で一時は700羽程度まで減少してしまったヤンバルクイナ。
現在は地域と行政が一体となった保護活動の甲斐もあり、1500羽ほどに増えています。


ヤンバルクイナ生態展示学習施設

そんなヤンバルクイナの保護活動の普及啓蒙と、地域の活性化、さらには不解明な部分も多いヤンバルクイナの生態の調査を目的に、環境省と国頭村が連携、保護増殖事業の一環として「ヤンバルクイナ生態展示学習施設」が9月にオープンしました。


ヤンバルクイナ生態展示学習施設

施設内ではやんばるの森を再現した環境の中で、1羽のヤンバルクイナを飼育。
自由奔放で活発に動く姿を見ることができます。ここにいるのは、国頭村楚洲で発見された卵を環境省の施設で2年前にふ化させた雌のヤンバルクイナ。このヤンバルクイナの名前と施設の愛称を2014年の年賀状で募集するそうです。

ヤンバルクイナ
 

北部へドライブしたときには、ちょっと足を伸ばして、やんばるにしかいない鳥に、ぜひ会いにいってみてください。

「ヤンバルクイナ生態展示学習施設」
沖縄県国頭村安田1477-35 安田くいなふれあい公園内
入館料:大人/500円、小中高生/村外200円、村内100円
9:00〜17:00
年中無休 ※料金は2013年11月時点です。
サイト:http://kuinapark.com/kuina

沖縄CLIPフォトライター セソコマサユキ


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~
 

Information

国頭村安田1477-35