沖縄観光情報:石垣島、とぅばらーま大会

石垣島、とぅばらーま大会

  • イベント
  • 8
  • Clip

post : 2015.10.10 12:00

毎年旧暦八8月13日に行われるこの大会は、八重山(やえやま)を代表する叙情唄「とぅばらーま」を、誰がいちばん情感を込めてうまく唄えるかを競います。昭和22年から行われている、歴史のある大会です。

 
とぅばらーまは、メロディはひとつだけれど、歌詞は実にさまざま。数ある歌詞の中から、自分の想いにあったものを選んでもいいし、自ら作詞したものを唄ってもいいんです。
 
歌詞の内容は、男女や親子の情愛を唄ったもの、ふるさとへの想いや人生についてを表現したり、あらゆる事柄が唄われています。昔は、畑仕事の帰り道に掛け合いで唄ったりして、1日の疲れを癒していたといいます。
 
その年の最優秀賞に選ばれた人は、「とぅばらーまチャンピオン」として他のイベントなどにも引っ張りだこで、一目置かれる存在となります。だけど、最優秀賞該当なし、という厳しい審査結果になる年ももあります。
 
今年も9月25日に、石垣島の新栄公園でとぅばらーま大会が行われました。出場することができるのは、予選を通過した人たちだけです。
 
石垣島や八重山の周辺離島、本土からや、時には海外在住の出場者の方も。今年の出場者は23人。それぞれの想いを唄にのせ、思い思いのとぅばらーまが十三夜の月のしたで響き渡ります。

 
 
メインの唄三線、唄の合間に囃子を入れる「返し」、笛の3人で舞台に立ちます。

 
会場の新栄公園には、たくさんの人たちが見学に訪れ、静かに耳を傾けます。反応はとてもダイレクト。よかったと思う人には、多くの拍手や指笛が送られます。
 
今年の出場者は27歳の男性から、最高齢は85歳の男性まで、毎年幅広い年代の人たちが出場。
 
みなさんが唄い終えると、審査に入ります。審査のポイントとなるのは、タノール(味わい深さ)、息継ぎ、方言の発音、情感の込め方などです。
 
歌唱の部だけでなく、作詞の部もあります。今年の作詞の部の最優秀賞に選ばれたのは、うるま市の仲本正雄さん(74歳)でした。審査のあいだに、仲本さんの歌詞でとぅばらーまを披露するのは、去年のチャンピオン。自身のお母さんのことを綴った唄にみなさん聞き入りました。
 
そしてついに結果発表。
 
 
今年最優秀賞に輝いたのは、4度目の挑戦の、石垣市の前津伸弥さん(35歳)。おめでとうございます!
 
来年のとぅばらーま大会は9月13日(水)です。陽が沈んで涼しくなった野外で、のんびり島唄鑑賞はいかがですか?
 
 
関連記事
竹富島の種子取祭
八重山の伝統行事、豊年祭
八重山独特のお盆の行事、アンガマ
 
 
沖縄CLIPフォトライター 笹本真純
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

 

Information