沖縄観光情報:てんぷらは沖縄のローカルフード!おやつにもおいしい、てんぷら食べ歩きプラン

てんぷらは沖縄のローカルフード!おやつにもおいしい、てんぷら食べ歩きプラン

  • おすすめ
  • 29
  • Clip

post : 2015.10.22 12:00

てんぷらはローカルフード!おやつにもおいしい、てんぷら食べ歩きプラン

沖縄の重箱やオードブルには欠かせない「てんぷら」。食事や3時のおやつとしても愛着のあるてんぷらは、昔も今もウチナーンチュにとって切ってもきりはなせない存在です。 ローカルフードとも言えるてんぷらですが、今回は、揚げたてホヤホヤが食べられるお店と、沖縄風ドーナツ!「サーターアンダギー」のおいしいお店をめぐるプランのご紹介です。

①海人(うみんちゅ)の島、南城市にある「奥武島」からスタート!

本島南部、南城市の南端に位置し、橋で渡ることができる「奥武島」。美しい海に囲まれており、海人(うみんちゅ)の島としても有名です。

奥武島は、海人が獲る新鮮な海産物をてんぷらで食べることができる場所として、県内でも大人気。島内では、中本鮮魚店や大城てんぷら店など、てんぷらを販売する店舗が連なります。 揚げたてホヤホヤ!お手軽な価格で、たくさんの種類を食べられるのも、これからの季節はうれしいですね。

②沖縄風ドーナツ「サーターアンダギー」でひと休み

沖縄土産としても喜ばれる、サーターアンダギー。那覇市の国際通り近く、牧志公設市場前にサーターアンダギーを多種類楽しめることができるお店、「琉宮」があります。

琉宮のサーターアンダギーは、プレーンだけでなく、黒糖が練りこまれたものやココナッツやゴマなどのトッピングしたもの、オリジナルの商品と種類が豊富。ほどよい甘さが観光の疲れを取ってくれます。

イートインスペースがあるので、ゆっくりとくつろぐこともできます。温かいお茶と一緒に食べることで、一段とおいしく感じます。

琉球菓子処 琉宮の詳細情報

住所/沖縄県那覇市松尾2-9-14
電話/098-862-6401
琉球菓子処 琉宮の詳細情報はこちらから>>

③浜比嘉島、丸吉食堂のもずくコロッケ

ドライブがてらうるま市へ北上すると、橋でつながる4つの島々が姿をあらわします。そのひとつが浜比嘉島。

静かな浜比嘉島の漁港を目の前に、丸吉食堂はあります。メニューは地元海産物を使った定食や、沖縄そば、チャーハンなど。

限定10食の魚バター焼きにも心惹かれますが、今回ここでご紹介したいのは、うるま市の特産品「もずく」を使ったコロッケ。磯の香りとジャガイモのほのかな甘みが絶妙なバランスです。

注文を受けてから揚げはじめるので、衣はカリカリでジャガイモはホクホク。一度食べたら病みつき間違いなし!のオススメの一品です。

丸吉食品の詳細情報

住所/沖縄県うるま市勝連浜72-2
電話/098-977-7905
丸吉食品の詳細情報はこちらから>>



おやつにも楽しめるので、沖縄ではてんぷらは欠かせないローカルフードのひとつ。肌寒くなるこれから季節には、幸せの一品でもありますよね。ほとんどのお店がテイクアウトできるので、タイトな観光でもちょうど良く合間をうめてくれます。観光のホッと一息お気軽に、お立ち寄りしてみてはいかがでしょうか。



◎ 沖縄県民が愛するローカルフードは、こちらでも紹介しています。




沖縄CLIP編集部


沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。



〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

 

Information