沖縄観光情報:一度は行ってみたい!オシャレな沖縄の食堂

一度は行ってみたい!オシャレな沖縄の食堂

  • おすすめ
  • 65
  • Clip

post : 2015.10.30 19:00

オシャレ過ぎる沖縄の食堂

「食堂」というと安い、速い、そしてボリューム満点!というイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、食堂のイメージが180度変わるようなオシャレで素敵な沖縄の食堂をご紹介します。

① メルボルンを感じられる沖縄の食堂

2014年の夏、首里にオープンした『食堂黒猫』は、オーストラリアから沖縄に移住をしたシェフのSakiさんとバリスタのクリスさんご夫婦が営むメルボルンスタイルのお店です。連年「世界で最も住みやすい都市」に選ばれるメルボルンには、個性的で美味しいカフェがたくさん集まっています。そんなメルボルンスタイルの自家焙煎珈琲とカフェ料理が楽しめる食堂黒猫は、ゆっくり自分と向き合いたい時や気分転換したい時、嬉しいことがあった時にふっと出かけたくなるとっておきな場所。

店内には学校で使われていたテーブルとイス、大きな焙煎機やコーヒーマシンが置かれ、窓からは首里城や那覇の街並み、そしてその先には東シナ海が見えます。

手間を惜しまないSakiさんのお料理は、見た目、盛りつけ、香り、味、余韻、全てが心地良く、心に残ります。メニューは甘い系と食事系を合わせて5種類ほど。メルボルン仕込みのSakiさんのお料理は、ここへ来ないと出合えないものばかり。

食後はクリスさんが淹れてくれるコーヒーでまったりとお過ごしください。豆選びから焙煎、豆挽き、抽出にこだわったコーヒーは、心が満たされること間違いありません。沖縄で新しい風を感じたい方はぜひ食堂黒猫へ。

食堂黒猫の詳細情報

住所/沖縄県那覇市首里赤平町2‐40‐1 3階
電話/050‐1070‐6774
食堂黒猫の詳細情報はこちらから>>

②客席はビーチの上!?

沖縄本島の南部にある天然のビーチ「新原(みーばる)ビーチ」には、ビーチの上に客席が設けられている知る人ぞ知るお店があります。本格的なネパール料理やカレー、チャイ、そして夏にはかき氷も味わえる『食堂かりか』です。

場所が場所なだけに大雨の日や台風時にはお店はクローズしてしまいますが、晴れた日には曇った心もパッと晴れるほどロケーションは抜群。穏やかな海を眺めながら、海風を感じながら食事が出来るなんて最高ですよね!

シェフはネパール人のジェシーさん。開放感溢れる場所で、異国の味を体験してみませんか?

食堂かりかの詳細情報

住所/沖縄県南城市玉城字百名1360
電話/050-5837-2039
食堂かりかの詳細情報はこちらから>>

③どこか懐かしい「あめいろ食堂」

最後にご紹介するのは、那覇市樋川(ひがわ)にひっそりと佇む木造の古民家を改装した一軒の食堂『あめいろ食堂』です。木の温もりが感じられる店内でいただけるのは、疲れた体にスーッと染み込む和食メニュー。

サバの味噌煮や肉じゃがなど、丁寧に作られた家庭料理が昼は定食で、夜は単品でいただけます。昼の定食につく汁物はお味噌汁ではなく「かちゅー湯」。沖縄の家庭で昔から飲まれてきたかちゅー湯は、かつお節の削り節にお湯をかけ、お味噌を溶くだけという非常にシンプルなもの。かつお節の香りと旨みを存分に味わいたい時にはぴったりです。

まだ味わったことのない方は、沖縄滞在中にぜひ。

あめいろ食堂の詳細情報

住所/沖縄県那覇市樋川1-3-7
電話/098-911-4953
あめいろ食堂の詳細情報はこちらから>>



「食堂」とは言っても、様々なスタイルがあるものですね。今回は、沖縄のオシャレ過ぎる食堂をご紹介しました。色濃く個性的、しかし「なんくるないさ~(何とかなるさ)」の沖縄の雰囲気に溶け込んだ食堂は、沖縄旅にもぴったりです。



◎ 沖縄のオシャレなカフェはこちらで紹介しています。




沖縄CLIP編集部


沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。



〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

 

Information