沖縄観光情報:少人数でお越しください。映画のセットのような南城市知念のミニマムな「いろは食堂」。

少人数でお越しください。映画のセットのような南城市知念のミニマムな「いろは食堂」。

post : 2015.12.26 12:00

 
海沿いのドライブが楽しい南城市知念(なんじょうしちねん)から玉城(たまぐすく)へ抜ける国道331号線沿い。まるで映画のロケセットのように、ひっそりと味わい深い佇まいを見せる食堂があります。

 
三畳ほどの座敷にテーブルが2つ置かれた店内。正午をまわると、地元の人たちや常連さんですぐに席が埋まります。外回りの営業や作業着姿の男性がほとんど。飛び交う会話は、ほぼウチナーグチ(方言)という超ローカルな雰囲気。観光の合間に訪れるなら、だんだんと客足が減るお昼1時をまわったあたりが狙い目です。

 
メニューはご覧のとおり! “焼肉”“すき焼き”にもそそられますよね(笑)。

 
料理を注文して、ふと外を見ると散歩中の猫。のどかな昼下がりです。「あれはネ、うちの飼い猫ヨー。顔が少しでこぼこしてるでしょう? 毎年、ハブに噛まれてくるからサー」と、食堂のアンマー(お母さん)が教えてくれました。

 
小さな食堂の左半分は厨房。カゴに乗ったヘチマがとっても美味しそうだったので、“フーいため”と“ヘチマ”を注文。沖縄では昔からヘチマを食用としてきました。“ンブサー”といって炒め煮風にしていただくのがポピュラーです。

 
この場所でお店を出してからは、かれこれ20年以上。その前は、同じ南城市内の別の場所で食堂を営んでいたそう。とても80代とは思えない手際の良さで注文をこなしていきます。

 
定食には、地元で穫れた葉野菜が入ったお味噌汁とごはん、そしてこちらも野菜たっぷりの自家製お漬け物がつきます。

 
メニューにあった“ヘチマ”とは、炒め煮風にした“ナーベーラーンブサー”のこと。島豆腐と卵も入っていて、「みんな、ごはんにのせて食べてるヨー」とのこと。
 
 
車麩(フー)を溶き卵でからめ、野菜と炒めた“フーいため”には、豚肉もごろごろ。チャンプルー(炒め物)といえばポークやツナが入っているのが今では当たり前ですが、昔は豚肉を入れるのが一般的でした。
 
 
「野菜はだいたいこの辺のもので足りるサー。豆腐も、すぐそこで作っているものだから上等ヨー」
 
 
アンマーの“てぃーあんだ(=手間ひま愛情の意)”がたっぷりつまった、昔ながらの家庭の味。いろは食堂に流れる島時間は、午後1時すぎあたりから饒舌です。
 
 
いろは食堂
住所/沖縄県南城市知念字知念936
営業時間/11:30~14;30頃
定休日/日曜
 
沖縄CLIPフォトライター  鶴田尚子
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

 

Information

沖縄県南城市知念字知念936