沖縄観光情報:春の風物詩!プロ野球の沖縄春季キャンプ。沖縄ベースボールEXPO2014

春の風物詩!プロ野球の沖縄春季キャンプ。沖縄ベースボールEXPO2014

post : 2014.02.09 18:00

春季キャンプが一斉に始まると、プロ野球ファンはこぞって

自分の好きな球団の練習風景を見に球場へ足を運びます。

 

各球団の一軍キャンプ地には『沖縄ベースボールEXPO2014』(野球ファンにとどまらず、

観光客も楽しめるキャンプ情報やイベント企画の発信サイト)のサテライトベースが設置されており、

当日の練習メニュー、試合スケジュール、イベント紹介、

他球場のイベント情報などが入手でき、スタンプラリーも楽しめます。

 

今回ご紹介するのは、北谷公園野球場で行われている中日ドラゴンズのキャンプ風景。

沖縄本島では中日をはじめ、読売ジャイアンツ、横浜DeNAベイスターズなどの他に、

アジアの球団もキャンプ入りしています。

離島では、東北楽天ゴールデンイーグルスやオリックス・バファローズなどの練習風景がみられます。

 

 

場外にはサインボールをはじめ、Tシャツ、背番号の入ったユニフォーム、

タオルなどのグッズが所狭しと並んでおり、あらかじめ購入するのがお薦めです。

 

 

ブルペン(ブルペン:投球練習をする場所)では、親子連れや好きな選手のユニフォームを着たファンが、

ネット越しに熱心に練習風景を見守っています。

 

 

プロ野球選手を夢見る少年には、練習の合間に選手から声をかけてもらえることも。

 

 

そして、おもむろに少年の手からサインボールと油性マジックを取り

 

 

小学生がボールにサインをしてもらっていました!

 

基本的に、練習中や移動中の選手にサインを求めることは認められていないのですが、

そんな奇跡を夢見て油性マジックやサインボールを手にしている人がたくさん見受けられます。

 

キャンプ場はブルペン、メイン球場を移動する選手たちに遭遇することもしばしば。

 

 

写真を撮ろうとするファンや、サインのチャンスを伺うファンがあとを続いていきます。

メイン球場では、各選手がバッティングや投球練習に励んでいます。

 

 

客席から、選手の練習を何かを語らいながら見守る若い女性や

 

 

熱心にメモを取り、仲間と研究しながら見学している

野球選手を目指す球児の姿に、未来への希望を感じます。

 

 

彼らの視線の先にあるベテラン選手の背中からきっと何かを感じ取っているのでしょう。

 

 

野球ファンだけが楽しむ場所という感じではなく、

さまざまな夢と希望を持った人が集まる空間を楽しむことも出来るプロ野球キャンプ。

 

一生懸命練習に励む若手選手、それを温かく見守るベテラン選手、

そんな姿を遠くから見つめ未来図を描く高校球児などの姿をみると、

自然と元気になってくるから不思議です。

 

気になる球団の春季キャンプに足を運んでみてはいかがですか?

 

 

【詳細情報】

 

沖縄ベースボールEXPO2014公式サイト

(各球団の練習、試合スケジュール、その他イベント情報など)

http://www.okinawabaseball.com/

 

お問い合わせ

『沖縄ベースボールEXPO2014事務局』(株式会社JTB沖縄内)

TEL / 098-860-4738

E-mail / info@okinawabaseball.com

営業時間/9:00~18:00(※開通期間:2月1日~2月28日)

 

 

沖縄CLIPフォトライター monobox

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information