沖縄観光情報:おいしい&ヘルシー。那覇市の「パーラー熱風アジア」で体の中からメンテナンス

おいしい&ヘルシー。那覇市の「パーラー熱風アジア」で体の中からメンテナンス

post : 2020.12.01 12:00

「最近食生活が乱れていて、何となく体がだるい」、「昨日飲み過ぎて胃が重たい」。
そんな日、ありませんか?

胃腸に負担をかける要因はたくさんあると思いますが「身体にやさしいものが食べたい」、「今日はあっさりしたものにしておこう」という時に私がお邪魔するのは、那覇市壺屋(つぼや)にある「パーラー熱風アジア」です。
 


お店を営むのは宮阪 靖夫(みやさか やすお)さん。以前は南城市(なんじょうし)の「パーラーぱぴる文庫」を切り盛りしていましたが、2020年9月に那覇市に移転オープン。「以前はヴィーガンパーラーでしたが、私自身は動物性食品も口にしますし、これからは間口を広げたいと思っていて、最近は卵を使ったココナッツプリンをメニューに加えました。近いうちにチーズたっぷりのパニーニもメニュー化しようと考えています」と宮阪さんは話します。

とは言え、ぱぴる文庫時代からの常連さんも多いそうで、ベジタリアン対応メニューにも力を入れています。



野菜をたくさん摂りたい方におすすめしたいのは、自家製天然酵母を使用したピタパンに、中東ではメジャーなファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)とフムス(ひよこ豆と白ごまのペースト)、野菜のマリネ、葉野菜、そして豆乳マヨネーズを詰め込んだ「ファラフェル ピタサンド」。



ピタパンのモチッとした食感と、カリカリ、ホクホクに揚げられたファラフェル、口当たりなめらかなフムス、シャキシャキっとした歯応えのあるマリネ、まろやかでコクのある豆乳マヨネーズ… ひと口ごとに異なる味わいが楽しめ、食べごたえも満足度も高い”ヘルシーなファストフード”です。

 


朝食やおやつ代わりにもぴったりなのは、アントシアニンが豊富に含まれたアサイーやドラゴンフルーツのスムージーに、季節のフルーツ、自家製グラノーラがトッピングされた「アサイー&ドラゴンボウル」。見た目だけでビタミンがチャージされそうなほど彩り鮮やかで、元気ももらえそうですね。




寒い日に食べたくなるのは、台湾で人気の素包子(精進パオズ)をヒントに作ったという「野菜だけの中華まん」。北海道産の小麦粉で作った食べ応えのある皮に包まれているのは、台湾風豆腐とカシューナッツ、カラシ菜ときのこ、カボチャのココナッツカレー、黒ごまあんなど(日替わり)。食材の甘みや旨味がじんわりと溶け出し、もっちりとした生地に染み込んでいます。

 


その日の気分や体調によって選びたいのは、常時10種類ほどのラインナップが楽しめるスムージー。宮阪さんの一押しは、減農薬リンゴ、カーブチー、シークヮーサー、長命草、フーチバー、ハママーチ(琉球よもぎ)、小松菜など(内容は日によって若干変わります)が入った「沖縄薬草グリーン」。沖縄の薬草は栄養価がとても高く“命薬(ぬちぐすい)”として昔から親しまれていますが、それ単体だと苦かったり癖があったりで、正直食べ辛いものも。このようにスムージーにすることで爽やかで飲みやすくなるので、ぜひ試してみてください。
 


甘めが好きな方は、レッドドラゴンフルーツ(ピタヤ)、アセロラ、沖縄バナナ、パイナップルが入った「アセロラ ドラゴン」もおすすめです。

パーラー熱風アジアはテイクアウトメインですが、イートインも可能です。人気観光スポットの国際通りややちむん通りからも近いので、散策途中に“おいしく栄養補給”してみませんか?
 

パーラー熱風アジア
住所/沖縄県那覇市壺屋1-18-35
電話/070-5496-9555
営業時間/10:00頃〜18:00頃
定休日/水曜日
https://yu-ru.com/neppu/


沖縄CLIPフォトライター 舘 幸子
 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県那覇市壺屋1-18-35