沖縄観光情報:沖縄北部の離島「伊平屋島」でスキンダイビング。島あっちぃなら気軽でディープに離島の魅力を満喫。

沖縄北部の離島「伊平屋島」でスキンダイビング。島あっちぃなら気軽でディープに離島の魅力を満喫。

  • 体験する
  • 2
  • Clip

post : 2020.12.03 12:00



透き通る青い海にビーチから足を踏み入れ、野甫島へと続く橋の方を目指し泳ぎ始める。身につけているのはウェットスーツと、ゴーグルとシュノーケルのセット、そしてフィンだけ。ぼくは普段サーフィンやダイビングをするわけではないので、ウェットスーツを着る機会というのはほとんどないんだけど、実際に着てみると思った以上に浮力があり、水中で暖かい。



「スキンダイビング」なるものを聞いたことがあるだろうか。ライフジャケットを着て楽しむシュノーケルでもなく、酸素ボンベを背負って海に潜るダイビングでもなく、スキンダイビング。上記の装備を身につけて海中を楽しむ、いわば“素潜り”のようなもの。







水深が深くなるにつれてなんだか浮遊感が増していく。空を飛ぶような感覚で海底を見下ろし、色とりどりの魚の群れを眺める。ときおり、インストラクターに教えてもらった“ジャックナイフ”(水面から体を折り曲げ一気に水中に潜る方法)で水中に潜り、珊瑚のそばで遊ぶ魚たちと間近に戯れる。向こうでウミガメが休憩中だ。子どもだろうか、少し体がちいさい。そばに行くとゆっくりと動き出し、海の向こうへと消えていった。




ここは沖縄本島の運天港から1時間20分ほどフェリーに乗るとたどり着ける伊平屋島。人口1,200人ほどが暮らす、素朴な島だ。今回は沖縄県の離島観光・交流促進事業「島あっちぃ」を利用してこの島を訪れた。





島あっちぃでは「人と人とがつながる島旅」をテーマに、離島の魅力を伝えるモニターツアーを企画していて、県民は沖縄県の助成を受けた金額で(2020年度は8割補助)参加できる。どのツアーもその島に住むコーディネーターが企画しているので、一般的な観光ではなかなか体験することのできない等身大の「島」を体験できるのが最大の魅力。

今回は「イヘヤブループロジェクト!!~スキンダイビング~ 2日間」に参加。ツアーに参加してしまえば、宿の手配も当日の移動やご飯などもお任せ、実に気軽に参加できるのもありがたい。こんなにも美しい「離島が身近にある」というのは、沖縄で暮らす私たちの特権だと思う。それを楽しまないなんてもったいない。




美しい海に囲まれた島の、その中でも1番と言われる「米崎海岸」でスキンダイビングをたっぷり楽しんだら、翌日は島内観光へ。








日本最南端の天岩戸伝説の地と言われる「クマヤ洞窟」、およそ3億年前の地層が見られる「ヤヘ岩」はもちろん、野甫島の展望台や港ではとある映画のロケ地を見て、予定には無かったけれど港のとある場所へ寄り道。そこはエメラルドグリーンの海に囲まれ、雲の隙間から光がさす神々しささえ感じる場所でした。「実は稲作が盛んで、泡盛用のお米を作ったりしてるんですよ」なんて話を聞きながら島中を移動していく。







たった2日間ではあるけれど、海も、島内もしっかり体験することができて楽しい時間でした。伊平屋島はもともとシーズン中でもそれほど観光客も多くなく、混み合うということが少ない島。素朴で、自然が豊かで、のんびりと過ごすには最適。先にも言ったけれど「離島」が身近にある、というのは県民の特権だと思う。もちろん伊平屋島だけじゃなく、お隣の伊是名島や慶良間諸島の島々、久米島などなど、魅力的な島はたくさんある。次はどこへ行こうかな、と、ついつい「島あっちぃ」のページを眺めてしまう。




「島に来るときは連絡くださいね」と笑顔で握手。離島に知り合いができた、というなんだかあたたかい気持ちと一緒にフェリーに乗りこむと、コーディネーターを務めてくれた伊平屋島観光協会の横溝伸夏さんが港からずっと、手を振ってくれていた。




今回参加したモニターツアーは募集を終了している可能性もあります。月2回、あたらしいモニターツアーが公開されますので、公式サイトにてぜひチェックしてみてくださいね。

離島観光・交流促進事業「島あっちぃ」
https://acchi.okinawa/?utm_source=link&utm_medium=sesoko&utm_campaign=sesoko


沖縄CLIP編集長 セソコマサユキ


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜
 

Information

沖縄県島尻郡伊平屋村