沖縄観光情報:那覇市の「モジュール」で感性に響くモノとの出会いを

那覇市の「モジュール」で感性に響くモノとの出会いを

post : 2021.02.04 15:00





使うたびに気分が上がる文具・雑貨が揃う「module(モジュール)」。こちらで扱うのは、デザイン性だけでなく、価格と機能性の高さ、使い心地のバランスが取れている製品です。
 


2001年4月に那覇市泉崎で産声を上げたモジュールは、2009年に旭町へ移転し、その後2020年4月にゆいレール「おもろまち駅」のすぐ近くに移転オープンしました。若い女性客から支持されることの多い雑貨屋さんですが、20周年を迎えたモジュールには男性や年配の方の姿も多くみられます。

 




質の良いノートやボールペン、万年筆、付箋、カバン、お財布、名刺入れ、マスキングテープ、ポストカード、エコバッグ、食器…。

 


ワクワクが集まった店内は、見てまわっているだけで時間があっという間に過ぎてしまいます。

 


おすすめは、文具好きの間で大人気のRollbahn(ロルバーン)ノート。
 

ステーショナリーメーカー「Delfonics(デルフォニックス)社」のロルバーンノートは定番商品の他にも地域限定ものがあります。こちらのB6サイズのノートは、デルフォニックスとモジュールのコラボレーションで誕生しました。コレクターの間で話題となり、人気が急上昇した沖縄限定ノートです。描かれているのは、県花のデイゴとサンダンカ、沖縄三大名花のひとつであるオオゴチョウ、イジュ、クロトン、そしてヨモギ。水彩で描かれた沖縄の植物は、優しさと気品が感じられますね。

 
沖縄限定ノートを企画した取締役の禰覇 由美(ねは ゆみ)さんは「“いかにも沖縄”というデザインではなくて、よく見てみると沖縄らしさがあるものにしたかったんです。イメージは、イギリスのデザイナー ウイリアム・モリスの世界観。オシャレな壁紙のような表紙にしたいと思っていました。依頼したデザイナーにイメージを伝えたら、1度で理想の仕上がりのものが上がってきました」と話されます。

 
中はインクのにじみや裏写りが抑えられる上質紙。角は丸く縁どられています。5mm方眼ノートは目に優しいクリーム色。ミシン目が付いているので、サッと切り離すこともできます。


 
巻末にはクリアポケットが5枚付いているので、チケットやメモ、シールなどを入れておくのにも便利です。

 

(画像提供:金細工まつ)

こちらは、沖縄で錫(すず)工芸をメインに扱う「金細工(カンゼーク)まつ」が制作した、モジュールのオリジナルアクセサリー。



モチーフになっているのは、琉球王府の祭祀で使われていた錫製の酒器「耳盃」です。

 


錫は柔らかく手で簡単に曲げられるため、好みの形に変えることも可能。ピアスとイヤリングは各4サイズ展開され、贈り物として根強い人気があります。

錫は酸化しにくい素材ですが、長期間使用すると輝きが鈍くなり、アンティーク調に変化します。磨くことで輝きは戻りますが、経年変化を楽しむのも良さそうですね。

 


ちょっと質が良く、自分にしっくりとくる文具・雑貨が増えると、気持ちがググッと上がるはず。今お使いの文具が「何となくしっくりこない」と感じている方は、ぜひモジュールへ。沖縄限定のロルバーンのノートと耳盃耳飾りは、通販サイトの沖縄CLIPマルシェ(にリンク)でも購入することができます。


 

モジュール
住所/沖縄県那覇市大道78-20
電話/098-988-0865
営業/10:30〜19:30
休み/水曜
https://module-okinawa.com

 

moduleBEHOUSE
住所/沖縄県那覇市西2-2-2
電話/098-963-9035
営業/10:00〜19:00
休み/水曜
 

沖縄CLIPフォトライター 舘 幸子


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。


〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県那覇市大道78-20