沖縄観光情報:伝統的な紅型やミンサー織をスタイリッシュにデザイン。沖縄でたった“ひとつ”のゴルフブランド『Tee-chiOKINAWA』(那覇市)【PR】

伝統的な紅型やミンサー織をスタイリッシュにデザイン。沖縄でたった“ひとつ”のゴルフブランド『Tee-chi OKINAWA』(那覇市)【PR】

post : 2021.02.10 12:00

豊かな緑に囲まれ、美しい海を眺めながら爽快にショット! そんな至極のリゾートゴルフを満喫できる沖縄。1年を通じて温暖な気候のため、冬でもプレーが可能。いつでも南国の開放的なロケーションで思う存分ゴルフを楽しめることから、季節問わず多くのゴルファーたちが訪れることで知られています。けれど、なぜか沖縄にはゴルフブランドがない。あったらいいのにな……。じゃあ、自分で作ってみよう! 駒木根澄子(こまきねすみこ)さんがそう思い立ち、2015年秋に設立したのが、沖縄初のゴルフブランド『Tee-chi OKINAWA』です。

 
駒木根さんは東京都出身。昔から海が大好きで、ダイビングをするためによく沖縄を訪れていました。そこで自然の尊さを体感し、沖縄の人たちが自然の恵みに感謝する文化に心動かされ、都会での自らの暮らしを見直すことに。「私ももっと自然を近くに感じ、自然に寄りそって生きていきたい」。そう考え移住してきたのが14年前。大学生時代に夢中になって以降、しばらくお休みしていたゴルフを再開したのも、この頃のこと。

 
「初めて沖縄のコースを回って、沖縄でするゴルフがこんなにも気持ちいいとは! と感動しました。森に囲まれ、海が見える環境で、風がどちらから吹くとか、雨がもうすぐ降るだろうとか、“自然の中で人間が遊ばせてもらっている”という体験に、この上ない喜びを感じたんです。豊かな自然を肌で感じながら思いきり体を動かせば、人は誰かと、自然と、そして本当の自分と“ひとつになれる”。沖縄でのゴルフ体験は、私にそんな素晴らしい感覚をもたらしてくれました」


 
ブランド名に掲げた“Tee-chi(ティーチ)”とは、沖縄の方言で“ひとつ”を意味する言葉。駒木根さんが自らの体験で得た「スポーツを通じてひとつになる」という感覚、そして「その喜びをたくさんの人に味わってほしい」という大切な思いがこめられています。
 
ブランドロゴは、沖縄本島北部の“やんばる”エリアに生息する鳥、“ヤンバルクイナ”をモチーフにした“Tee-chiくん”。
 
「ゴルフには“バーディ”や“イーグル”といった鳥にまつわる用語があるので、沖縄の鳥をブランドキャラクターにしたいなと。それで真っ先に思い付いたのが、ヤンバルクイナ。飛ばしが第一のゴルフですが、飛ばないけど走るヤンバルクイナ。そんなユーモアをこめて(笑)」


まだまだ続く! 『Tee-chi OKINAWA  』の魅力。
この続きは、沖縄県 新型コロナ対策緊急応援サイト【まいにちに。おきなわ】からご覧ください。
→記事URL https://www.mainichini-okinawa.jp/tokusyu/tokusyu_1023_02.html


まいにちに。おきなわ
HP/https://www.mainichini-okinawa.jp/


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。
沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
~ もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP ~
 
沖縄CLIPフォトライター 岡部徳枝

 
*この記事は、沖縄県「がんばろう沖縄総合プロモーション事業」が運営する「まいにちに。おきなわ」のスポンサード記事です。*

Information

沖縄県