沖縄観光情報:とろ〜り濃厚!マンゴーが丸ごと1つ入った、のはらファームの完熟マンゴージュース【PR】

とろ〜り濃厚!マンゴーが丸ごと1つ入った、のはらファームの完熟マンゴージュース【PR】

post : 2021.03.30 09:00



トロピカルな香りと芳醇な甘さ、そしてとろ〜り濃厚なマンゴージュース。今回ご紹介するのは、砂糖・着色料・香料不使用で、果実そのままの美味しさが感じられる「のはらファーム」の「完熟マンゴージュース」です。



ご主人の定年退職後に、かねてより夢だった農業をご夫婦ではじめた野原 和子(のはら かずこ)さんは「安心して食べてもらいたいから」と、減化学肥料・減農薬でマンゴーを育てています。

野原さんが育てているのは、沖縄では主流のアップルマンゴー(アーウィン種)。肥料には米ぬかとココピート(ココナッツの殻を砕いたもの)を加え、土づくりからこだわっています。




(マンゴーの花。小さな緑色の粒が大きくなって、マンゴーになります)

「主人が退職後に、農業大学で農業について基礎から学びました。野菜専攻コースと果樹専攻コースの両方を学びましたが、マイペースに続けられそうな果樹園をはじめることにしたんです。ですが、毎日何かしらやることがあっててんてこ舞いです。収穫は年に1度(6月中旬〜8月上旬まで)ですけど、冬場も忙しくて、のんびりなんてしていられませんでした(笑)」と野原さん。


(画像提供:のはらファーム)

真っ赤なアップルマンゴーはキーツマンゴーに比べて香りが強く、完全に完熟してから収穫するため、糖度が高くなります。舌触りはなめらかで、リッチな味わい。野原さんが育てたアップルマンゴーは、季節感のある贈りものとしてお中元やお歳暮ギフトに大人気です。


(画像提供:のはらファーム)

しかし、規格外品が出てしまうことも。野原さんはそんな規格外のマンゴーを活用して、カットマンゴーやマンゴーピューレ、ジャム、ジュースなどに加工して販売することに。



のはらファームの完熟マンゴージュースは「素材そのものの味を楽しんでもらいたいから」と砂糖を加えず、保存性を高めるためのクエン酸のみを添加します。賞味期限は冷蔵で305日、直射日光の当たらない常温でも200日。旬の短いマンゴーですが、このように加工することで1年中楽しめるようになりました。



出荷をするために必要な加熱処理はしていますが、風味を損なわないよう加熱時間はギリギリに抑え、フレッシュ感をそのまま詰め込んだ完熟マンゴージュース。

加熱時間が短いため、ビタミンCやビタミンB1、B2、B6、ビタミンE、βカロテンなどの栄養素を損なわず、整腸作用のある食物繊維も含まれています。



完熟マンゴージュースはそのままで飲むのはもちろん、濃厚なので炭酸や牛乳で割ったり、ヨーグルトに混ぜてもおいしく味わえます。



一口で幸せな気分にさせてくれる、野原さんが作った完熟マンゴージュースを、起き抜けの1杯に、心が疲れた時に、ちょっと贅沢したい休日に味わってみませんか?



のはらファーム
https://noharafarm.ti-da.net





沖縄CLIPフォトライター 舘 幸子


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県