沖縄観光情報:伊江島のパワースポット、子宝の神が住む洞窟「ニャティヤ洞」

伊江島のパワースポット、子宝の神が住む洞窟「ニャティヤ洞」

post : 2014.04.05 18:00

伊江島には不思議な言い伝えのある洞窟あります。

伊江島港より車で10分。

とても静かな場所「ニャティヤ洞」。

 

ニャティヤ洞

 

別名「千人洞」とも呼ばれ、戦時中多くの人がこの洞窟に収容され身を隠したそうです。

島の人にとってそこは古くからある聖域。

 

ニャティヤ洞

 

島の植物が守るかのように、周囲に生い茂っていました。

 

ニャティヤ洞

 

洞窟内のいたるところに拝所があり、

島の人々が度々訪れては拝み、祈りを捧げます。

 

ニャティヤ洞の中

 

中は海とつながっていて、しずかな洞窟内には波の音が木霊しています。

 

ニャティヤ洞のまわり

 

ひんやりとした空気、足元には真っ白な砂。

 

ニャティヤ洞 洞窟内

 

入口からこぼれてくる外光が洞窟内を静かに照らしてくれました。

 

外からは、想像できな程広い空間に、

ヒジル石とよばれる不思議な石ポツンと置かれていました。

 

ヒジル石

 

昔からの言い伝えでは、子宝に恵まれない女性が石を持ち上げると

願いが叶うといわれています。

ヒジル石を持ち上げた時、軽いと思えば女の子、

重いと思えば男の子を授かるのだとか。

 

ヒジル石

 

丁度僕が訪れた時に、若い二人の男女とすれ違いました。

仲良く手をつなぐ後ろ姿を横目に、

女の子だったのか、男の子だったのか結果を想像しながら

僕は、二人に気づかれぬ様ゆっくりと重たいヒジル石を持ち上げました。

 

 

「ニャティヤ洞」

 

 

沖縄CLIPフォトライター 具志堅太樹

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information