沖縄観光情報:山城紅茶は沖縄生まれ、沖縄育ちの100%沖縄産のおいしい紅茶

山城紅茶は沖縄生まれ、沖縄育ちの100%沖縄産のおいしい紅茶

post : 2013.08.13 12:00

沖縄生まれ、沖縄育ちの100%沖縄産「山城紅茶」。

苦味、渋みが一切なく、山城紅茶の柔らかい香りがふわっと広がります。

砂糖をいれなくても感じられるほのかな甘み。

 

山城紅茶は、元は緑茶農家でした。

 

 

 

 

三代目社長・山城直人さんの代で、80年続く緑茶農園を大胆にも紅茶農園にする決断をしました。

そのようなことが可能なの?と思われますが、実は、紅茶と緑茶は同じ木から作られるのです。

簡単に説明すると、緑茶を発酵させたのが紅茶で、発酵段階の違いでウーロン茶にもなります。

山城紅茶は、茶摘、加工、茶樹の剪定方法など、最高の紅茶作りのために様々な研究をしています。

 

 

 

業界では難しいと言われている完全無農薬を徹底。

茶葉は機械を使わず、一つ一つ丁寧に手で摘むのがこだわりです。



 

茶摘の作業は、雇用問題、就労支援、地域との繋がりを考え、全て周辺地域の人材で行われます。

「この土地と、そこに住む人々があっての農園」と語る山城さん。

地域ごと活性化しながら、いかに美味しい紅茶を作るかを日々模索しているそうです。



 

「100%沖縄産で、土地の皆が自慢できるものを作り出したい」。

山城紅茶は種類も豊富。同じ茶葉から、加工段階で風味や味わいを作りわけをしているそうです。

ライターの私が選んだのは「 NO.918 あっさりストレート」。

アイスティーでいただきました。

上品な甘味があり、砂糖が入っていないことに驚きました。

苦味、苦みが少なく、お年寄りや子供にも飲みやすそうな優しく上品な味わいです。

沖縄の太陽をたっぷり浴びて育った山城紅茶。

茶摘から紅茶作りの体験も出来ます。

詳しくは、ホームページをチェックしてみて下さい。

山城紅茶農園ホームページ

http://goo.gl/CUxnyd



沖縄CLIPフォトライター 具志堅 太樹

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information