沖縄観光情報:沖縄の旧盆で見られるちょっと変わった風習、あの世で使うお金「ウチカビ」

沖縄の旧盆で見られるちょっと変わった風習、あの世で使うお金「ウチカビ」

post : 2013.08.16 12:00

「ウチカビ」または、「うちかび」

沖縄ではお盆などのご先祖を供養する際に、方言で「ウチカビ」と呼ばれる「あの世で使うお金」を送る習慣があります。

沖縄のお盆は、毎年旧暦の7月13~15日に行われ、今年は8月19日からの3日間です。お盆最終日の夜に、集まった家族全員が仏壇の前で「ご先祖様があの世でお金に困らないように」という願いを込めて、ウチカビを燃やし、ご先祖様を見送ります。

実は、中国や台湾でも、これと同じように「紙銭」と呼ばれるお金を燃やす風習があるそうで、沖縄の「ウチカビ」もその影響を受けているものとされています。

「ウチカビ」または、「うちかび」を燃やしてあの世に送る

ウチカビは漢字で「打ち紙」と書き、材料に藁を使います。和紙のようにすいた薄手の紙に、銅銭の型がたくさん打ち込んであります。

今はスーパーで手軽に買えるものですが、昔はお盆になると各家庭で銅板の型を使い、1つ1つ手打ちして作っていたそうですよ。

「ウチカビ」または、「うちかび」

あぁ、この束が本当の札束だったら…という妄想はさて置き、ご先祖様にたくさんお金を持っていってもらおうと、ライターの私はいつも張り切ってたくさん燃やしてしまいます。あの世でも、たくさんお金がある方がいいと信じて。

先祖を大切に想う風習、いつまでも大切にしたいですね。


沖縄CLIPフォトライター 知念玲奈(0173)

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

~ もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP ~

Information

沖縄県